menu
menu

キーワード検索

 

最近の投稿

【ブログ】MacBook Pro用にSDカードとSDカードアダプタを買ってみた

  • blog

SDカードアダプターとマイクロSDカード

こんにちは(・∀・)

前回の買ってみた系の投稿でLexerの128GBのUSBメモリを買ったのでストレージ系の問題は解決したはずですが...

使っていないSDカードスロット

2015年モデル以前のMacBook ProにはSDカードスロットが付いていることは皆さんご存知だと思います。しかしそのスロットは現在ほとんど使っておりません。ただでさえ少ないMacBookのスロット系、使わないのは勿体無いということでMacBook ProにはめるとツライチになるというSDカードアダプターとついでにマイクロSDカードを買ってみました。

最初にも言いましたがLexerの128GBのUSBメモリのおかげさまで128GBのストレージでも特に困っていなかったので、とりあえずの拡張はここまでにしておくつもりでした。

そもそもが最初に欲しかったのはTranscendのジェットドライブの128GB。

普通のSDカードを使うよりも速度は速いそうです。ただ少々お高い。

そこでこんなのを見つけたのですが...

ただのマイクロSDカードのアダプターなのに価格が¥2,780とこれまたお高い...

そこでまたまた似たようなこんなのを見つけまして...

価格は¥1,498。

うーん...、まだまだだな。

¥1,000切るくらいの同じような商品出てこないかなーなどなどと暇さえあればアマゾンwatchの日々が続きました。

そうこうしていると、出てきましたよあんだー¥1,000。

もうこれでいいでしょポチっとな、といきたいところでしたが、最初にこの商品を見つけた時は在庫切れの入荷未定状態でした。

欲しい物リストに入れて待つこと数日...

一昨日の昼休み、アマゾンを開いて欲しいものリストの中を見てみると、商品入荷で販売が再開されましたの表示。

アダプターやっと買えます、それがこの子です。

さっそくポチってしまいましょう。

そうそう、ついでにマイクロSDカードも買っておこうかな。

32GBのお手軽お手頃サイズです。初めてのTEAM製品。確か台湾系だったような気がします。

SDカードアダプターとマイクロSDカードを同時購入しました。

こちらが届いたSDカードアダプターとマイクロSDカードです。

SDカードアダプターとマイクロSDカード

SDカードアダプターを開けてみたらこんな感じです。

SDカードアダプターとマイクロSDカード

SDカードアダプターにマイクロSDカードをはめてみます。

SDカードアダプターとマイクロSDカード

MacBook Proにはめてみます。

SDカードアダプターとマイクロSDカード

おー、ピッタリでいい感じですね。

SDカードアダプターとマイクロSDカード

ちなみにSDカード付属のアダプターにマイクロSDカードを入れてMacBook Proにはめてみました。通常のアダプターだとこの位出っ張ります。

SDカードアダプターとマイクロSDカード

SDカードも無事認識されました。でもなぜか名前がありません。マイクロSDカード付属のアダプターでも試しましたが、同じく名無しだったのでそういう仕様なのでしょうか。

SDカードアダプターとマイクロSDカード

名前をつけてexFATでフォーマットしました。

SDカードアダプターとマイクロSDカード

どうでもいいことですが、TEAM GROUPで最初名前をつけましたがちょっと長いので後で名前をTEAMに変更しました。ちゃんとフォーマットも出来て使えそうです。


いかがでしたでしょうか、外部メディアを買うのはこれで当分ないと思います。基本的に頻繁にアクセスしない写真や動画・音楽などはブルーレイに保存しているのでSSDがファイルで圧迫ということはありません。仕事で共有したりしているファイルなどはDropboxやGoogleドライブを無料の範囲内で利用しています。iCloudとOneDriveはiPhoneなどで動画を撮ったりした際に臨時の保存場所になるので普段はほぼ未使用です。

今回外部メディアに費やした金額は約¥6,000ちょっとです。それで増えたストレージ容量は160GB、やっぱコスパよねーじゃないですけどMacBook Proを買うときに128GBにするか256GBにするかはちょっと迷いました。しかしストレージ容量をアップするとつるしで買うより¥20,000アップ、カスタマイズ版はAppleストアでしか買えないので値引きもなし。

そう考えると今回のMacBook Proとそれに付随する関連商品の購入に関してはお得感的な満足度はかなり高かったのではないかと思っております。

  • カテゴリー:blog