menu
menu

キーワード検索

 

最近の投稿

ISO感度について【カメラ初心者向け】

ISO感度について【カメラ初心者向け】

こんにちは(・∀・)

Web制作番外編、今回はカメラのISO感度についてです。

昔フィルムを買うときにISO100とかISO400とかフィルムの箱に表示されていたのをなんとなく覚えている人はもうほとんどいない今日この頃だと思います。今日は明るい外のホームで写真を撮るからISO100のフィルムでいいやとか、今日は上野駅の構内で写真を撮るから暗い所でも明るく写るISO400のフィルムを買おうなどと、素人ながらも少しは考えながらフィルムを選んでいた子供の頃を思い出しました。

カメラのページ【カメラ初心者向け】トップはこちら。

ISO感度

ISO感度とは、カメラのセンサーが受ける光の量(感度)を数値にしたものをいいます。前述したようにフィルムカメラ時代の規格ですが、現在のデジタルカメラのセンサーでも同じ様にISO感度は使われています。

一般的な低感度のISO100から始まって(カメラによってはISO50や80から始まるカメラもあればISO200から始まるカメラなどもあります)、200、400、800、1600、3200、6400~などなど、数値が上がるほど高感度になります。

ISO感度を低く設定しているとカメラのセンサーに光を取り込む量が少なくなります。なので適正な露出(明るさ)で写真を撮るにはシャッタースピードを遅くしないと暗い写真になってしまいます。シャッタースピードを遅くすると手ブレや被写体ブレが発生し易くなってしまいます。

その逆でISO感度が高く設定されていると、センサーに光を取り込む量が多くなるのでシャッタースピードを速くしても適正な露出で写真を撮る事ができ、手ブレや被写体ブレを少なくする事ができます。ISO感度が高く設定されていると暗い所で写真を撮る事が簡単にできるようになります。

だったらISO感度は全部高めの設定で撮ればいいのでは、と思いますがISO感度が上がるにつれて画質が下がってザラザラな写真になってしまいます(下のサンプルをご参照ください)。

カメラによってはISO感度何十万なんていう高ISO感度のカメラもあり、高感度で撮ってもノイズのザラつきを押さえることができる高級なカメラもあります。個人的には一般的なコンデジでは400位、エントリーモデルの一眼では800位までならノイズの少ない滑らかな写真が撮れるのではないかと思います。

以下サンプルです。ISO感度を変えて撮り比べてみました。

F2.7、SS1/3、ISO100で撮った1200万画素の写真3968x2976ピクセルを320x240ピクセルに縮小しました(以下同サイズ)。

ISO感度について

上の写真を等倍サイズの3968x2976ピクセルのままロゴの部分を切抜きました(以下同サイズ)。

ISO感度について

F2.7、SS1/5、ISO200

ISO感度について

等倍のISO100と並べて比べてみます。

ISO感度について

F2.7、SS1/10、ISO400

ISO感度について

等倍で見ると若干ノイズがわかってきました。

ISO感度について

F2.7、SS1/20、ISO800

ISO感度について

徐々にノイズとつぶれが目立ってきました。

ISO感度について

F2.7、SS1/40、ISO1600

ISO感度について

直線部分もガタガタになり始めました。

ISO感度について

F2.7、SS1/80、ISO3200

ISO感度について

等倍だとシボ柄のブツブツがほぼつぶれてきました。

ISO感度について

F2.7、SS1/160、ISO6400

ISO感度について

完全にノイズが出て直線部分はガタガタです。

ISO感度について

ISO感度の数値が上がるとシャッタースピードが倍々に早くなるのがわかります。

今回コンデジで撮りましたが思ったよりキレイでした。ただサンプル写真はかなり小さく縮小しているので実用サイズで見るともっとノイズは目立つと思います。

暗い所でもキレイな写真を撮りたいときは別ですが、この感じだと、普通のスナップ写真なんかは無理して低感度で撮影して手ブレ写真を量産するよりも、ISO感度を上げて撮影した方が手ブレが防げてむしろキレイな写真が撮れるかもしれませんね。

撮影はOLYMPUS XZ-10、モデルはOLYMPUS SH-60です。


参考

http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/13/index.html