menu
menu

キーワード検索

 

前月(8月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 4-) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  5. ( 5-) 【実践でjQuery入門】jQueryで日時を表示
  6. ( 7↑) 【CSS Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  7. ( 6↓) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  8. ( -↑) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  9. ( 9-) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  10. ( 8↓) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本

border-image【CSS3リファレンス】

  • CSS

border-image

こんにちは(・∀・)

CSS3で新しく追加されたプロパティをご紹介します。今回ご紹介するCSSプロパティはborder-imageです。

概要

border-imageプロパティは指定した要素のボーダーに画像を表示させる事ができるプロパティです。1枚の画像で上下左右に分割して表示します。

Safariは対応しておりません。

border-imageは、
border-image-source
border-image-slice
border-image-width
border-image-repeat
の各プロパティに分割する事ができますが、個別プロパティに対応しているブラウザがありませんので普通にborder-imageを使用した方が間違いないと思います。


.sample {
  border-image: url(img.png) 10px round;
}
適用要素

すべての要素(border-collapseの値がcollapseのtableは除く)

指定できる値
url()
ボーダーに表示する画像のurlを指定
数値、%数値
画像を分割する距離を指定
数値の単位はピクセルで単位pxはつける必要はありません。%数値は画像の幅と高さに対する割合になります。
stretch
画像を引き伸ばして表示
repeat
画像を繰り返して表示
round
画像を繰り返して表示しますが、画像の幅と要素の幅が合わない時は拡大縮小して調整
space
画像を繰り返して表示しますが、画像の幅と要素の幅が合わない時は隙間を作って調整
指定する値が1つ
4つの辺に適用
指定する値が2つ
1つ目の値が上と下、2つ目が右と左
指定する値が3つ
1つ目の値が上、2つ目の値が右と左、3つ目の値が下
指定する値が4つ
上から順に時計回りで適用
初期値

個別のプロパティの初期値

サンプル
使用画像

border-image画像

HTML

<p class="demo1">
サンプルデモ1
</p>
<p class="demo2">
サンプルデモ2
</p>
<p class="demo3">
サンプルデモ3
</p>
CSS

.demo1 {
  border: 10px solid;
  border-image: url(img.png) 10 round stretch;
}
.demo2 {
  border: 10px solid;
  border-image: url(img.png) 10;
}
.demo3 {
  border: 10px solid;
  border-image: url(img.png) 30;
}
Result

サンプルデモ1

サンプルデモ2

サンプルデモ3


関連リンク

CSS3リファレンス

  • カテゴリー:CSS