menu
menu

キーワード検索

12月のアクセストップ10

  1. ( 2↑) CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 1↓) スマホサイトの作成・基本編
  3. ( 3-) CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  4. ( 4-) HTML5・ページ作成の基本
  5. ( 7↑) 表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  6. ( 5↓) jQueryでドロップダウンメニュー
  7. (10↑) CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  8. ( 6↓) スマホ・タブレット・PCの振り分けいろいろ
  9. ( 8↓) Windows 10にApache2.4 VC11をインストール
  10. ( -↑) jQueryで日時を表示【実践でjQuery入門】
  • facebook2
  • はてなブックマーク3
  • Google+2
  • Pocket0
  • Twitter0

font-style(フォント・テキスト)【CSSリファレンス】

  • CSS

font-style

こんにちは(・∀・)

 CSSプロパティのご紹介です。今回ご紹介するCSSプロパティはfont-styleです。

概要

 font-styleプロパティを使用してフォントスタイルを指定します。指定できる値は、標準・イタリック体・斜体です。イタリック体と斜体の違いは、文字を斜めに傾けて筆記体調にデザインされているのがイタリック体、単純に文字を斜めに傾けてデザインされたものが斜体です。指定したフォントにイタリック体や斜体がない場合はそのフォントを斜めに傾けて表示します。日本語フォントの場合、イタリック体や斜体が用意されているフォントはほぼなく、標準のフォントを斜めに傾けて表示しています。なのでイタリック体と斜体の表示は同じになります。



.sample {
	font-style: italic;
}
適用要素

 すべての要素

指定できる値
normal
標準フォント。
italic
イタリック体。
oblique
斜体。
初期値

 normal

サンプルデモ

italic sample.

oblique sample.

HTML

<p class="demo1">italic sample.</p>
<p class="demo2">oblique sample.</p>
CSS

.demo1 {
	font-style: italic;
}
.demo2 {
	font-style: oblique;
}
  • カテゴリー:CSS
  • facebook2
  • はてなブックマーク3
  • Google+2
  • Pocket0
  • Twitter0