menu
menu

キーワード検索

 

前月(9月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 4-) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  5. ( 7↑) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  6. ( 5↓) 【jQuery入門】jQueryで日時を表示
  7. (10↑) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本
  8. ( 9↑) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  9. ( 8↓) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  10. ( 6↓) 【CSS Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション

【JavaScript入門】JavaScriptをHTMLへ組み込む方法

  • Guide

【JavaScript入門】JavaScriptをHTMLへ組み込む方法

こんにちは(・∀・)

今日はJavaScriptで書いたスクリプトをHTMLファイルに組み込む方法をご紹介します。

JavaScriptの記述場所

HTMLにJavaScriptを記述する場所ですが、どこでも良い訳ではありません。

JavaScriptの記述場所は基本body要素内の閉じタグ「</body>」の直前に記述します。

ただし、スクリプトの内容によってはHTMLが全て読み込まれる前にJavaScriptを読み込ませたい場合があります。その場合はhead要素内にJavaScript記述します。

他にインラインで記述する方法もありますが、JavaScriptの記述場所はほぼこのどちらかとなります。

しかしここでは基本的にbody要素内の閉じタグ「</body>」の直前と覚えておいてください。

</body>タグ直前に記述する方法

<script>
/*ここに「ボタンが動いたり色が変わったり」や「テキストが表示されたり消えたり」などのスクリプトを書いていきます。*/
</script>
</body>
</html>
head要素内に記述する方法

<html>
<head>
<script>
/*ここに「ボタンが動いたり色が変わったり」や「テキストが表示されたり消えたり」などのスクリプトを書いていきます。*/
</script>
</head>
<body>
</body>
</html>
インラインで記述する方法

<p><a href-"javascript:void(0)" onclick="history.back(); return false;">BACK<a><p>

JavaScriptをHTMLに記述する場所についてはご理解いただけましたでしょうか⁉️

続いてはJavaScriptをHTMLに記述する方法です。

JavaScriptの記述方法

JavaScriptをHTMLに記述する方法は2通りあります。一つはHTMLに直接書き込む方法で、もう一つはJavaScriptを別ファイルにしてHTMLに読み込ませる方法です。

JavaScriptをHTMLに直接記述する方法

<script>
/*ここに「ボタンが動いたり色が変わったり」や「テキストが表示されたり消えたり」などのスクリプトを書いていきます。*/
</script>
</body>
</html>
JavaScriptを別ファイルにしてHTMLに読み込ませる方法

<script src="hoge.js"></script>
</body>
</html>

別ファイルにJavaScriptを記述してHTMLにそのファイルを読み込ませます。

その際、文字化けを防ぐためJavaScriptファイルのエンコード設定に注意してください。例として、HTMLファイルのエンコードがutf-8の場合はJavaScriptファイルのエンコードもutf-8に設定してください。

またJavaScriptファイルにスクリプトを記述する時は<script>タグは不要です。


いかがでしたでしょうか、JavaScriptをHTMLに記述する場所と記述方法について、ご理解いただけましたでしょうか⁉️

JavaScript入門
jQuery入門

  • カテゴリー:Guide