menu
menu

キーワード検索

 

前月(7月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 4-) CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  5. ( 7↑) jQueryで日時を表示【実践でjQuery入門】
  6. ( 5↓) 表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 9↑) スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  8. ( 8-) HTML5・ページ作成の基本
  9. ( -↑) Windows 10にMySQLをインストール
  10. ( -↑) 変数を宣言する【jQuery入門】

Windows 7にApache2.4 VC9をインストールしよう!

  • Guide

Apache

*このコンテンツより新しい2011-03-24に投稿されたコンテンツがございます。
Windows 7にApache2.4 VC11をインストールしよう!

ApacheをApache Loungeからダウンロードしよう!

今回ダウンロードするファイルは32bit版のApache2.4 VC9です。Apache2.4 VC9はApache Loungeからダウンロードします。Apache Lounge:http://www.apachelounge.com/download/

Apacheダウンロード

ダウンロードページ内をクリックして進むとVC9 Binariesのページがあります。その中にあるhttpd-2.4.7-win32-ssl_0.9.8-VC9.zipをクリックしてダウンロードします。

Apacheダウンロード

ファイルを任意の場所に保存してください。

今回ダウンロードするファイルはApache2.4VC9 (httpd-2.4.7-win32-ssl_0.9.8-VC9.zip)です。安定板として定着していた2.2系もその地位を2.4系に譲って、2013年11月29日時点ではlegacy扱いになっています。


Apacheの設定とインストールをしよう!

ダウンロードして保存したファイルを解凍します。

解凍するとhttpd-2.4.7-win32-ssl_0.9.8-VC9というフォルダができます。

Apacheダウンロード

フォルダを開くとApache24というフォルダが入っているのでそれをC直下にコピーします。

Apacheインストール

続いてApacheの設定をします。

C:\Apache24\conf
にあるhttpd.confファイルを編集します。

httpd.confファイルを編集する前にバックアップをとっておきましょう。

C: → Apache24 → confフォルダの中にあるhttpd.confファイルを開いてください。

PHP用に176行目あたりに次の1行を追加してください。

PHPを使う場合は追加してください。

PHPがインストールされていない状態でこの1行を追加するとApacheインストール時にエラーになりますので、PHPをインストールしてから追加します。なのでPHPがインストールされていない場合はここは飛ばします。


LoadModule php5_module "C:/PHP/php5apache2_4.dll"

217行目あたりの次の1行のコメントを削除して(行先頭にある#を外す)修正してください。


#ServerName www.example.com:80
      ↓
ServerName localhost:80

241行目あたりにあるDocumentRootを変更してください。

DocumentRootがデフォルトの"C:/Apache24/htdocs"のままでもよければ、ここは変更しなくてもいいです。ここではDocumentRootをD:に設定します。


DocumentRoot "D:/home/web"

変更した場合は242行目あたりにあるDirectoryパスも変更します。


<Directory "D:/home/web">

CGI用に場合255行目あたりの次の1行を修正してください。

CGIを使う場合は変更してください。


Options Indexes FollowSymLinks
      ↓
Options Indexes FollowSymLinks ExecCGI

SSI用に256行目あたりに次の1行を追加してください。

SSIを使う場合は追加してください。

サーバでSSIを許可するにはhttpd.confファイルまたは.htaccessファイルに次のディレクティブを指定する必要があります。


Options +Includes

275行目あたりにあるDirectoryIndexを次のように変更してください。

ここは必要に応じて追加してください。


<IfModule dir_module>
DirectoryIndex index.html index.htm index.shtml index.shtm index.php index.cgi index.pl
</IfModule>

PHPとCGI用に404行目あたりに次の4行を追加してください。

PHPとCGIを使う場合は追加してください。


AddType application/x-httpd-php .php
AddType application/x-httpd-php-source .phps
AddType application/x-httpd-cgi .cgi
AddType application/x-httpd-cgi .pl

CGI用に416行目あたりにある次の1行のコメントを削除して(行先頭にある#を外す)修正してください。

CGIを使う場合は変更してください。


#AddHandler cgi-script .cgi
      ↓
AddHandler cgi-script .cgi .pl

SSI用に427行目あたりの次の2行のコメントを削除してください(行先頭にある#を外す)

SSIを使う場合は変更してください。


#AddType text/html .shtml
#AddOutputFilter INCLUDES .shtml
      ↓
AddType text/html .shtml
AddOutputFilter INCLUDES .shtml

以上でhttpd.confファイルの編集は終了です。


次にApacheをPCにインストールします。
インストーラー版では無いのでコマンドプロンプトからインストールします。Windowsのスタートメニュー → すべてのプログラム → アクセサリの中からコマンドプロンプトを起動します。

Apacheインストール

コマンドプロンプトが立ち上がったら
C:\apache24\bin\httpd.exe -k installと入力してEnterを押してください。

Apacheインストール

次のエラーメッセージが出た場合…

Apacheインストール

Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージをインストールする必要があります。その場合Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージをインストールしてからApacheをインストールしてください。

64bit版 Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x64)
32bit版 Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)

32bit版のApacheの場合は(x86)を64bit版のApacheの場合は(x64)をインストールしてください。両方インストールしても問題ありません。

次のメッセージが出たらアクセスを許可するをクリックしてください。

同時にウィルスソフトから警告が出る場合がありますが、同じくインストールを許可して実行してください。

Apacheインストール

次のメッセージが出たらインストールを終了してください。

Apacheインストール

exitと入力してからEnterでコマンドプロンプトを終了させてインストールは終了です。

次にC:/Apache24/bin/の中にあるApacheMonitor.exeをクリックしてください。

Apacheインストール

実行をクリックして起動してください。

Apacheインストール

インジケーターの中でApache Serviceが起動するのでさらにモニターを起動さてください。

Apacheインストール

モニターが立ち上がったらStartをクリックしてください。

Apacheインストール

The Apache2.4 service is starting.
The Apache2.4 service has started.のメッセージがでたらOKをクリックしてモニターを閉じてください。

Apacheインストール

以上でApacheのインストールは終了です。


ApacheはPCを起動するたびに毎回自動で起動しますがApacheMonitorは起動しません。ApacheMonitorを自動でタスクトレイに常駐させたい場合はスタートアップフォルダにショートカットを作成してください。

スタートアップフォルダの場所は
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
にあります。

AppDataフォルダはデフォルトは隠しフォルダになっていますので、隠しフォルダを表示する設定に変更してください。

http://localhost/ にアクセスしてIt Works!と表示されたらOKです。

Apacheインストール

コマンドプロンプトからインストールする場合は
C:\apache24\bin\httpd.exe -k install
アンインストールする場合は
C:\apache24\bin\httpd.exe -k uninstall
です。

PHPをインストールする場合、VC9版をインストールしてください。
Windows7 64bitにPHP5.4 32bit VC9をインストールしよう!
Windows7 64bitにPHP5.3 32bit VC9をインストールしよう!

  • カテゴリー:Guide