menu
menu

キーワード検索

 

前月(7月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 4-) CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  5. ( 7↑) jQueryで日時を表示【実践でjQuery入門】
  6. ( 5↓) 表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 9↑) スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  8. ( 8-) HTML5・ページ作成の基本
  9. ( -↑) Windows 10にMySQLをインストール
  10. ( -↑) 変数を宣言する【jQuery入門】

MacにFileZillaをインストール

  • Guide

FileZilla

こんにちは(・∀・)

MacにFTPアプリケーションソフトFileZillaをインストールします。Windowsで使用していて慣れているということもあり、今回もFileZillaをメインFTPアプリとしてMacにインストールすることにしました。

Filezillaは機能も豊富で動作も軽くとても使いやすいFTPアプリだと思います。よろしければお試しください。

FileZillaのダウンロード

ダウンロードは公式サイトhttps://filezilla-project.org/download.php?show_all=1から行なえます。

今回ダウンロードするFileZilla Clientの2017.02.02現在のバージョンは3.24.0です。

最新のバージョンをダウンロードしてください。

FileZilla_3.24.0_macosx-x86.app.tar.bz2をクリックしてダウンロードしてください。

FileZillaダウンロード

FileZillaのインストール

ダウンロードしたFileZilla_3.24.0_macosx-x86.app.tar.bz2をダブルクリックして解凍してください。

FileZillaインストール

解凍したFileZilla.appをダウンロードフォルダからアプリケーションフォルダにコピーします。

FileZillaインストール

FileZilla.appがアプリケーションフォルダにコピーできたらインストールは終了です。

FileZillaインストール


FileZillaの設定

FileZilla.appをダブルクリックして起動します。

FileZillaの設定

初回起動時に次のメッセージが表示されます。開くをクリックします。

FileZillaの設定

FileZillaが起動しました。

FileZillaの設定

左上側にあるサイトマネージャーのボタンをクリックしてサイトマネージャーを開いてください。

FileZillaの設定

新しいサイトをクリックしてください。

FileZillaの設定

①~⑥を変更してください。
①任意の名前をつけてる
お好きな名前を入力してください。
②ホスト名
プロバイダ、またはレンタルサーバ会社のホスト名を入力してください。
③サーバタイプの選択
ここではSSH転送を使いたいのでSFTPを選択してください。
④ログオンタイプの選択
通常またはパスワードを尋ねるを選択。セキュリティ優先ならパスワードを尋ねるを選択してください。
⑤ユーザーを入力
プロバイダ、またはレンタルサーバ会社に登録してあるユーザー名を入力してください。
⑥パスワードを入力
プロバイダまたはレンタルサーバ会社に登録してあるパスワードを入力してください。

すべて入力したら接続をクリックしてください。

FileZillaの設定

以上でFileZillaの設定は終了です。


FileZillaを使ってみよう

ボタン操作は簡単です。接続、更新、切断は覚えてしまいましょう。

FileZillaを使ってみる

ファイルのアップロード

画面向かって左側がローカル側です。ローカル側の対象のファイルを右クリックすると画像のように展開しますのでアップロードをクリックしてファイルをアップロードしてください。

アップロードするファイルが複数ある場合、commandまたはshiftキーを使って複数ファイルを選択し、右クリックしてファイルをアップロードしてください。

FileZillaを使ってみる

ファイルのダウンロード

画面向かって右側がサーバ側です。サーバ側の対象のファイルを右クリックすると画像のように展開しますのでダウンロードをクリックしてファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードするファイルが複数ある場合、commandまたはshiftキーを使って複数ファイルを選択し、右クリックしてファイルをダウンロードしてください。

FileZillaを使ってみる

対象のファイルがすでにある場合の処理

対象のファイルがすでに存在すると画像のように確認ダイアログが表示されますのでOKをクリックしてください。

赤枠の常にこの動作を利用にチェックを入れると次にFilezillaを立ち上げるまで確認ダイアログは開かなくなります。

FileZillaを使ってみる

確認ダイアログが起動の度に出て、毎回チェックを入れてOKをクリックするのが面倒な場合、FileZillaの中の設定をクリックして設定画面を開きます。

FileZillaを使ってみる

ファイル存在時の動作を選んで画面右側のダウンロードとアップロードの部分をファイルに上書きを選択します。そうすると起動の度に確認ダイアログは出なくなります。しかし、間違えて上書きしてはいけないファイルを上書きしてしまわないよう注意が必要です。

FileZillaを使ってみる

ファイルの転送結果

ファイルの転送結果は画像のようにログに表示されます。

FileZillaを使ってみる

ファイルのパーミッションを変更する場合

対象のファイルを右クリックすると画像のように展開しますのでファイルのパーミッション(F)をクリックしてパーミッションを変更してください。

FileZillaを使ってみる

階層の移動

ツリーを利用する。

FileZillaを使ってみる

または一つずつ上の階層へ移動します。

FileZillaを使ってみる

ブックマークの設定

ブックマークに追加(A)をクリックしてください。

FileZillaを使ってみる

FileZillaを使ってみる

①サイト別ブックマークを選択。
②名前はお好きな名前を入力してください。
③ローカルのパスを入力してください。
④サーバのパスを入力 *ブックマークを設定する前にブックマークしたいサーバに接続しておくと自動で入力されます。
⑤ローカルとサーバの階層移動を同時にしたい場合、同期ブラウズを有効化(S)にチェックを入れる。すべて設定したらOKをクリックしてください。

接続ボタンをクリックしてサイトマネージャーを開くと追加したブックマークが表示されます。追加したブックマークを選択して接続をクリックでサーバに接続してください。「同期ブラウジングを使用」と「ディレクトリを比較」は便利なのでチェックしておくことをおススメします。

FileZillaを使ってみる


以上がFileZillaの基本的な使用方法となります。

FileZillaの更新

更新がある場合、FileZilla起動時に次のようなポップアップメッセージが表示されますので、新しいバージョンをインストールをクリックして更新してください。

FileZillaの更新

FileZilla公式ダウンロードサイト

https://filezilla-project.org/download.php?show_all=1

  • カテゴリー:Guide