menu
menu

キーワード検索

 

前月(9月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 4-) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  5. ( 7↑) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  6. ( 5↓) 【jQuery入門】jQueryで日時を表示
  7. (10↑) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本
  8. ( 9↑) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  9. ( 8↓) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  10. ( 6↓) 【CSS Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション

Windows 10にActivePerlをインストール

  • Guide

Perl

こんにちは(・∀・)

ローカル環境(自分のパソコン)にWebサーバを構築しますシリーズです。今回インストールするアプリ(ソフト)はPerlです。Windows10ではインストーラー版を使わないローカル環境構築を目指していたのですが、残念なことにActivePerlはインストーラー版しか見当たらず、しょうがないので今回はインストーラー版でのご紹介となります。

Perlダウンロードの前に...

Webサーバのインストールはお済みでしょうか?!Perlを使用するにはWebサーバが必要です。Webサーバ(Apache)の設定はこちらをご覧ください。

Windows 10にApache2.4 VC11をインストール

ActivePerl5.22.1のダウンロード

ActivePerlの公式サイトActiveStateのトップページhttp://www.activestate.com/のメニューから入ります。
Top → Languages → ActivePerl

Perlダウンロード

ActivePerlのページに移動して下の方にスクロールするとダウンロードオプションの欄があります。今回ダウンロードするPerlは無料版なので、FreeのCommunity EditionのDownloadをクリックしてダウンロードページへ移動します。

Perlダウンロード

ActivePerl5.22.1の64bit版をダウンロードしてください。

Perlダウンロード

ActivePerlをインストールしよう!

ダウンロードしたファイルを開きます。

Perlインストール

インストーラーが起動したらNextをクリックして次へ進みます。

Perlインストール

ライセンス同意画面が表示されます。内容に同意されたら
I accept the terms in the License Agreement(ライセンス利用規約に同意します)を選びNextをクリックして次へ進みます。

Perlインストール

インストール内容です。そのままNextをクリックして次へ進みます。

Perlインストール

そのままNextをクリックして次へ進みます。

Perlインストール

Installをクリックしてインストールを開始します。

Perlインストール

Windowsのセキュリティ設定によっては「この不明な発行元からのアプリがPCに変更を加えることを許可しますか?」とでます。その場合は「はい」をクリックして先に進みます。

時間がかかりますので、しばらく待ちます。。。

Perlインストール

この画面が表示されたらインストールは終了です。Finishをクリックしてインストールを終了させてください。

Perlインストール

以上でインストールは終了です。コンピューターを再起動してください。


ActivePerlを使うためのApacheの設定変更

httpd.confファイルを編集します。

C:\Apache24\confにあるhttpd.confをテキストエディタで開き編集します。

C: → Apache24 → confフォルダの中にあるhttpd.confファイルを開いてください。

CGIファイルを実行できるように設定します。

257行目あたりにある次の1行を変更。Apacheのインストール時にすでに変更してある場合は必要ありません。


Options Indexes FollowSymLinks
       ↓
Options Indexes FollowSymLinks ExecCGI

277行目あたりにあるDirectoryIndexにindex.cgi、index.plを追加します。Apacheのインストール時にすでに追加してある場合は必要ありません。


<IfModule dir_module>
DirectoryIndex index.html index.htm index.shtml index.shtm index.php index.cgi index.pl
</IfModule>

408行目あたりに次の2行を追加します。Apacheのインストール時にすでに追加してある場合は必要ありません。


AddType application/x-httpd-cgi .cgi
AddType application/x-httpd-cgi .pl

418行目あたりにある次の1行を変更。Apacheのインストール時にすでに変更してある場合は必要ありません。


#AddHandler cgi-script .cgi
       ↓
AddHandler cgi-script .cgi .pl

以上でhttpd.confファイルの編集は終了です。


Apacheを再起動してください。

再起動はローカルディスク(C:) → Apache24 → bin → ApacheMonitor.exeをダブルクリックで起動してRestartボタンをクリックで再起動できます。または、タスクトレイにあるApacheアイコンを右クリック、OpenApacheMonitorをクリックで起動してRestartボタンをクリックでもOKです。

動作確認します

以下の3行をコピーしてテキストに貼り付け、ファイル名hello.cgiで保存してください。


#!C:/Perl64/bin/perl
print "Content-type: text/html\n\n";
print "Hello World";

保存場所はどこでもいいのですが(どこでもCGIを実行できるように設定してあるので)、デフォルトでCGIを実行させる場所に保存します。

ここでははC:\Apache24\cgi-binに保存してください。

1行目の#!C:/Perl64/bin/perlはローカル環境でのパスです。サーバーにアップする際は本サーバー環境にあわせたパスに変更することを忘れずに。

ブラウザでhttp://localhost/cgi-bin/hello.cgiにアクセスしてください。次のような画面が表示されたら成功です。

Perlインストール

ActivePerlは正常にインストールされました。


関連リンク

Windows 10にApache2.4 VC11をインストール

  • カテゴリー:Guide