menu
menu

キーワード検索

 

前月(7月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 4-) CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  5. ( 7↑) jQueryで日時を表示【実践でjQuery入門】
  6. ( 5↓) 表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 9↑) スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  8. ( 8-) HTML5・ページ作成の基本
  9. ( -↑) Windows 10にMySQLをインストール
  10. ( -↑) 変数を宣言する【jQuery入門】

Windows 10にRubyをインストール

  • Guide

Ruby

こんにちは(・∀・)

ローカル環境構築の時間です。今回はWindows 10にRubyをインストールします。Windows10ではインストーラー版を使わないローカル環境構築を目指していたのですが、ActivePerlインストール時にその流れを変えてしまったので、今回もActivePerl同様インストーラー版を使用します。その方がわかりやすいと思うので。。。

Ruby2.3.1のダウンロード

Rubyインストーラーはこちらからダウンロードできます。

Rubyダウンロード

ダウンロードのページに移動するとRubyInstallersの欄があります。32bit版なら最新版のRuby 2.3.1、64bit版ならRuby 最新版の2.3.1 (x64)をクリックしてダウンロードします。

Rubyダウンロード

Rubyをインストールしよう!

ダウンロードしたファイルをクリックして起動します。

Rubyインストール

インストーラーが起動して日本語が選択されていたらOKボタンをクリックして次へ進みます。

Rubyインストール

ライセンス同意画面が表示されます。内容に同意されたら同意するを選び次へボタンをクリックして次へ進みます。

Rubyインストール

インストールボタンをクリックしてインストールを開始します。

Rubyインストール

Windowsのセキュリティ設定によっては「この不明な発行元からのアプリがPCに変更を加えることを許可しますか?」とでます。その場合は「はい」をクリックして先に進みます。

この画面が表示されたらインストールは終了です。完了ボタンをクリックしてインストールを終了させてください。

Rubyインストール


以上でインストールは終了となります。画面に従って進んでいけば簡単にインストールできると思います。

  • カテゴリー:Guide