menu
menu

html【HTMLリファレンス】 | Webデザインラボ

キーワード検索

11月のアクセストップ10

  1. ( 1-) スマホサイトの作成・基本編
  2. ( 3↑) CSSだけでドロップダウンメニュー
  3. ( 2↓) CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  4. ( 4-) HTML5・ページ作成の基本
  5. ( 5-) jQueryでドロップダウンメニュー
  6. ( 6-) スマホ・タブレット・PCの振り分けいろいろ
  7. ( 9↑) 表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  8. ( 8-) Windows 10にApache2.4 VC11をインストール
  9. ( 7↓) JavaScriptで新しいウィンドウを開く
  10. (-↑) CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  • facebook2
  • はてなブックマーク3
  • Google+3
  • Pocket0
  • Twitter0

html【HTMLリファレンス】

  • HTML

html

こんにちは(・∀・)

 HTMLの要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はhtmlです。

概要

 html要素はHTML文書であることを定義するための要素です。DOCTYPE宣言はhtml要素の前に記述します。head要素body要素は<html> ~ </html>の間に記述します。

汎用属性

 id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

 なし (カテゴリーについて)

要素の配置

 すべての要素の外側に配置

要素の内容

 head要素、body要素


属性名 解説
lang ja 日本語を使用言語に指定
en 英語を使用言語に指定
en-US アメリカ英語を使用言語に指定
en-GB イギリス英語を使用言語に指定
zh 中国語を使用言語に指定
ko 韓国語を使用言語に指定
de ドイツ語を使用言語に指定
fr フランス語を使用言語に指定
it イタリア語を使用言語に指定
nl オランダ語を使用言語に指定
pt ポルトガル語を使用言語に指定
es スペイン語を使用言語に指定
pl ポーランド語を使用言語に指定
el ギリシャ語を使用言語に指定
ru ロシア語を使用言語に指定
he ヘブライ語を使用言語に指定
hi ヒンディー語を使用言語に指定
ar アラビア語を使用言語に指定
la ラテン語を使用言語に指定
sw スワヒリ語を使用言語に指定
<html lang="ja">
dir ltr 文書の方向を左から右へ指定(日本語等)
rtl 文書の方向を右から左へ指定(アラビア語等)
<html dir="ltr">
xmlns http://www.w3.org/1999/xhtml ネームスペースの指定
*XHTMLのみで使用します。
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

HTML

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>タイトル</title>
</head>
<body>
<p>本文</p>
</body>
</html>
  • カテゴリー:HTML
  • facebook2
  • はてなブックマーク3
  • Google+3
  • Pocket0
  • Twitter0