menu
menu

DOCTYPE宣言文【HTMLリファレンス】 | Webデザインラボ

キーワード検索

11月のアクセストップ10

  1. ( 1-) スマホサイトの作成・基本編
  2. ( 3↑) CSSだけでドロップダウンメニュー
  3. ( 2↓) CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  4. ( 4-) HTML5・ページ作成の基本
  5. ( 5-) jQueryでドロップダウンメニュー
  6. ( 6-) スマホ・タブレット・PCの振り分けいろいろ
  7. ( 9↑) 表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  8. ( 8-) Windows 10にApache2.4 VC11をインストール
  9. ( 7↓) JavaScriptで新しいウィンドウを開く
  10. (-↑) CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  • facebook2
  • はてなブックマーク3
  • Google+3
  • Pocket0
  • Twitter0

DOCTYPE宣言文【HTMLリファレンス】

  • HTML

DOCTYPE宣言文

こんにちは(・∀・)

 HTML5で新しくなった機能をご紹介します。今回ご紹介するのはDOCTYPE宣言文についてです。

概要

 HTML5以前はW3C(HTMLの規格を制定する機関)のもと、DOCTYPE宣言文でHTMLのバージョンやDTDについて宣言することが必須でしたが、HTML5ではDTDはなくなり、また、情報も仕様書に直接記載されているのでDOCTYPE宣言文でDTDを示す必要がなくなりました。HTML5でもDOCTYPE宣言文は必須ですが、ブラウザの表示モードを「標準モード」にするだけの目的で使用されます。


 HTML5以前のDOCTYPE宣言文はこちら


HTML

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>タイトル</title>
</head>
<body>
<p><a href="/html/html5/">参考資料:HTML5・ページ作成の基本</a></p>
<p><a href="/html/html5/language/">参考資料:HTML5・要素と属性</a></p>
</body>
</html>
  • カテゴリー:HTML
  • facebook2
  • はてなブックマーク3
  • Google+3
  • Pocket0
  • Twitter0