menu
menu

キーワード検索

 

前月(7月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 4-) CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  5. ( 7↑) jQueryで日時を表示【実践でjQuery入門】
  6. ( 5↓) 表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 9↑) スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  8. ( 8-) HTML5・ページ作成の基本
  9. ( -↑) Windows 10にMySQLをインストール
  10. ( -↑) 変数を宣言する【jQuery入門】

progress【HTML5リファレンス】

  • HTML

progress

こんにちは(・∀・)

HTML5で新しく追加された要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はprogressです。

概要

progress要素は進行状況を示す要素です。動的に変化させるにはJavaScript等使用する必要があります。この要素に未対応のブラウザ用に<progress>~</progress>の中に進行状況を記述することが推奨されています(対応ブラウザでは表示されません)。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

フレージング・コンテンツ、フロー・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

フレージング・コンテンツが配置できる場所

要素の内容

フレージング・コンテンツ *progress要素の入れ子は不可

属性名 解説
value 完了したタスクの量を指定します。
value="完了したタスク"
max トータルのタスク量を指定します。
max="トータルタスク"
form form要素のid属性を指定してform要素とprogress要素を関連づけます。progress要素がform要素の内容に含まれているかどうかに関係なくprogress要素を機能させることができます。
form="form要素のID"
サンプル
HTML

<p>進行状況:<progress value="50" max="100">50%ダウンロード</progress></p>
Result
進行状況:50%ダウンロード
  • カテゴリー:HTML