menu
menu

キーワード検索

img要素【HTMLリファレンス】

  • HTML

img要素

こんにちは(・∀・)

 HTMLの要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はimg要素です。

概要

 img要素はHTML内に画像を表示させる要素です(終了タグがない空要素です)。画像を表示できないブラウザや、画像の読み込みに失敗した場合に表示される文章をalt属性で設定します。alt属性で文章を設定しておくことはSEO対策にもつながりますので必ず設定するようにしましょう。

汎用属性

 id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

 エンベディッド・コンテンツ、インタラクティブ・コンテンツ *usemap属性が指定されている場合、フレージング・コンテンツ、フロー・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

 エンベディッド・コンテンツが配置できる場所

要素の内容

 空要素


属性名 解説
src 画像ファイルを指定します。
src="sample.png"
alt 指定した画像が表示できない場合の代替テキストを指定します。
alt="代替テキスト"
width 画像の横幅を指定します。
width="100"
height 画像の高さを指定します。
height="100"
usemap 画像に関連付けるmap要素のname属性で指定した値に「#」をつけて指定します。
usemap="#名前"
ismap いずれかの書式を指定するとサーバサイド・イメージマップになります。
ismap
ismap="ismap"
ismap=""
サンプルデモ
サンプル画像
HTML

<img src="sample.png" alt="サンプル画像">
  • カテゴリー:HTML