menu
menu

キーワード検索

12月のアクセストップ10

  1. ( 2↑) CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 1↓) スマホサイトの作成・基本編
  3. ( 3-) CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  4. ( 4-) HTML5・ページ作成の基本
  5. ( 7↑) 表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  6. ( 5↓) jQueryでドロップダウンメニュー
  7. (10↑) CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  8. ( 6↓) スマホ・タブレット・PCの振り分けいろいろ
  9. ( 8↓) Windows 10にApache2.4 VC11をインストール
  10. ( -↑) jQueryで日時を表示【実践でjQuery入門】
  • facebook2
  • はてなブックマーク3
  • Google+3
  • Pocket0
  • Twitter0

source【HTML5リファレンス】

  • HTML

source

こんにちは(・∀・)

 HTML5で新しく追加された要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はsourceです。

概要

 source要素は、audio要素video要素の子要素で、それぞれの要素はデータを一つしか指定することができませんが、src属性を指定せずに要素内容にsource要素を含めることで複数の異なるフォーマットのデータを指定することができます。それにより環境に左右されることが少なくなりデータが表示される可能性が高くなります。

汎用属性

 id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

 なし (カテゴリーについて)

要素の配置

 audio要素、video要素の子要素、他のフロー・コンテンツよりも前に配置

要素の内容

 空要素


属性名 解説
src データを指定します。この属性は必須です。
src="URL"
type データのMIMEタイプを指定します。MIMEタイプの後にセミコロン(;)を入れて続けて「codecs="~"」の形式でパラメータを指定することもできます。
type="MIMEタイプ"
media 指定したデータが対象にしているメディアを指定します。
media="対象メディア"
サンプルデモ

*未対応のブラウザではサンプルは表示されません
HTML

<audio controls="controls">
<source src="sample.mp3">
</audio>
  • カテゴリー:HTML
  • facebook2
  • はてなブックマーク3
  • Google+3
  • Pocket0
  • Twitter0