menu
menu

キーワード検索

 

最近の投稿

td要素【HTMLリファレンス】

  • HTML

td要素

こんにちは(・∀・)

HTMLの要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はtdです。

概要

td要素はテーブル(表)のセル内容を記述します。table要素で表全体を設定しth要素で見出しを設定、tr要素で行を設定しtd要素でセルに内容を記述します。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

セクショニング・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

tr要素の子要素

要素の内容

フロー・コンテンツ

属性名 解説
colspan 横方向のセルの連結数を指定。
colspan="セル数"
rowspan 縦方向のセルの連結数を指定。
rowspan="セル数"
headers 見出しとなっているth要素のid属性の値を指定します。半角スペースで区切って複数指定することができます。
headers="見出しセルのid"
1. サンプルデモ
見出し 見出し
内容 内容

*サンプルはCSSでボーダーを引いています。

HTML

<table>
<tr>
<th>見出し</th>
<th>見出し</th>
</tr>
<tr>
<td>内容</td>
<td>内容</td>
</tr>
</table>
2. サンプルデモ(colspan)
セルを結合
内容 内容 内容

*サンプルはCSSでボーダーを引いています。

HTML

<table>
<tr>
<td colspan="3">セルを結合</td>
</tr>
<tr>
<td>内容</td>
<td>内容</td>
<td>内容</td>
</tr>
</table>
3. サンプルデモ(rowspan)
セルを結合 内容
内容
内容

*サンプルはCSSでボーダーを引いています。

HTML

<table>
<tr>
<td rowspan="3">セルを結合</td>
<td>内容</td>
</tr>
<tr>
<td>内容</td>
</tr>
<tr>
<td>内容</td>
</tr>
</table>
  • カテゴリー:HTML