menu
menu

キーワード検索

 

前月(8月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5 Tips】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 4-) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  5. ( 5-) 【実践でjQuery入門】jQueryで日時を表示
  6. ( 7↑) 【制作Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  7. ( 6↓) 【JavaScript Tips】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  8. ( -↑) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  9. ( 9-) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  10. ( 8↓) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本

ins要素【HTMLリファレンス】

  • HTML

ins要素

こんにちは(・∀・)

HTMLの要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はinsです。

概要

ins要素は文字に下線を引いて追加された文字列であることを示す要素です。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

フレージング・コンテンツ *フレージング・コンテンツのみを含む場合、フロー・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

フレージング・コンテンツが配置できる場所

要素の内容

親要素に入れられる内容と同じ

属性名 解説
cite 追加された理由が書かれている文書のURLを指定します。
cite="URL"
datetime 追加された日時を指定します。
例えば、日本時間で「2009年8月4日 午前8時20分00秒」の日時を指定する場合の記述の方法は次の通りです。
2009-08-04T08:20:00+09:00
datetime="2009-08-04T08:20:00+09:00"
サンプル
HTML

<p><del>HTML4.01</del></p>
<p><ins datetime="2009-08-04T08:20:00+09:00">HTML5</ins></p>
Result

HTML4.01

HTML5


関連リンク

HTMLリファレンス

  • カテゴリー:HTML