menu
menu

キーワード検索

 

前月(9月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 4-) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  5. ( 7↑) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  6. ( 5↓) 【jQuery入門】jQueryで日時を表示
  7. (10↑) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本
  8. ( 9↑) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  9. ( 8↓) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  10. ( 6↓) 【CSS Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション

【iPhone・iPad】iPhoneでAE/AFロック

【iPhone・iPad】iPhoneでAE/AFロック

こんにちは(・∀・)

iPhoneで写真や動画を撮影する時に知っていると便利な機能をご紹介します。

iPhoneで写真・動画撮影

iPhoneで写真を撮影する時、最初はこのように自動でピントと露出を補正するように黄色の四角い枠が出ます。

【iPhone・iPad】iPhoneでAE/AFロック

そのままだとピントの位置や明るさをiPhoneが勝手に判断して撮影します。

しかしピントの位置や明るさをこちらで選択して撮影したい場合は被写体をタップしてその場所にピントを合わせて撮影することができます。

手前の被写体にピントと明るさを合わせたい時は手前の被写体をタップ。

【iPhone・iPad】iPhoneでAE/AFロック

奥の被写体にピントと明るさを合わせたい時は奥の被写体をタップ。

【iPhone・iPad】iPhoneでAE/AFロック

と、そこまでは知っておりましたし、皆さんもご存知ではないでしょうか。


通常カメラにはAE/AFロックという機能があってピントや明るさの設定をロックして撮影する機能があります。

写真撮影では割と使う機能なのですが、まさかiPhoneにはそんな機能はないだろうと思っていました。

ところが、実はiPhoneにもAE/AFロックがあって簡単に設定して撮影することができるということを最近知りました。

やり方は簡単です。

撮影したい被写体を長押ししてその場所をロックしてピントと明るさを固定することができます。

手前の被写体にピントと明るさを合わせてロック。

【iPhone・iPad】iPhoneでAE/AFロック

奥の被写体にピントと明るさを合わせてロック。

【iPhone・iPad】iPhoneでAE/AFロック

AE/AFロックはよく使う機能なのでiPhoneでも使えるということがわかって良かったです。


いかがでしたでしょうか、iPhoneで写真や動画を撮影する方は多いと思います。ピントをうまく合わせることができないようなシチュエーションの時はAE/AFロックが使えるとストレスなく写真撮影をすることができますので覚えておくと良いと思います。

参考

超オススメTODAY AT APPLEのセミナーに参加:恥ずかしながらそこで初めて知ったApple動画関連5つのこと
TODAY AT APPLE