menu
menu

キーワード検索

 

前月(7月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 4-) CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  5. ( 7↑) jQueryで日時を表示【実践でjQuery入門】
  6. ( 5↓) 表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 9↑) スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  8. ( 8-) HTML5・ページ作成の基本
  9. ( -↑) Windows 10にMySQLをインストール
  10. ( -↑) 変数を宣言する【jQuery入門】

iPhoneのメモリを簡単に解放する方法

iPhone

こんにちは(・∀・)

iPhoneやiPadを使用していて動作が重い時ってございませんか?!

そんな時は試してみてもいいかなと思う小ワザです。

iPhoneやiPadのメモリを解放する方法です。

メモリを解放

iPhoneを使用していて、色々なアプリを立ち上げたりしていると徐々にiPhoneの動作は重くなってくることがあります。

アプリを立ち上げなおした後でもなんとなく動きが重いなと感じた場合、メモリ解放のアプリなどを使えば解決するとは思うのですが、前にもお話ししておりますが容量の少ないiPhoneオーナーとしてはなるべく余計なアプリは入れたくない、ではどうする?

ということであれば次のことをお試しください。方法は2つあります。


1. App Storeアプリケーションでメモリの解放

アプリのApp Storeを起動します。

起動したら下にあるメニューアイコンどれでもいいのですが、ここでは「おすすめ」ボタンにします、それを10回タップします。

iPhone・iPadのメモリを簡単に解放する方法

すると一瞬次のような画面になり、メモリが解放されます。

iPhone・iPadのメモリを簡単に解放する方法

2. 電源ボタン長押しでメモリ解放

iPhoneの電源ボタンを長押ししてシャットダウンする時、スライドで電源オフを横にスワイプしてiPhoneの電源を落とすと思いますが、その時、電源オフもキャンセルも触らず、ホームボタンを10秒ほど長押しします。

iPhone・iPadのメモリを簡単に解放する方法

するとメモリは解放されてホーム画面に戻ります。

この時注意するのは、電源ボタン長押しする時はロック画面からではなくホーム画面からおこなってください。ロック画面で電源ボタン長押ししてホームボタンを長押しするとsiriが起動してしまいます。


いかがでしたでしょうか、何かしらのアプリを入れないとメモリの解放ってできないのかと思いきや、こんな簡単な方法でメモリを解放することができます。よろしければお試しください。

関連リンク

iPhone & iPad Tips

参考サイト

Apple Walkthrough
ぽん!げーむちゃんねる