menu
menu

キーワード検索

 

前月(7月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 4-) CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  5. ( 7↑) jQueryで日時を表示【実践でjQuery入門】
  6. ( 5↓) 表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 9↑) スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  8. ( 8-) HTML5・ページ作成の基本
  9. ( -↑) Windows 10にMySQLをインストール
  10. ( -↑) 変数を宣言する【jQuery入門】

PHPのエラー表示をなくす方法

  • Labs

PHP

こんにちは(・∀・)

PHPを使って開発しているとかWordPressを使っていてテーマをカスタマイズしているなどなど、PHPを使う場面はWeb開発者の方であれば少なくないと思います。しかしそのコードに何かしらのエラーがあるとPHPはブラウザにエラー内容を吐き出しページ内容を表示することができないようになっています。

PHPのエラー表示をなくす

PHP

ローカルで開発している時であればいいのですが、エラー内容に上記のようなファイルのパスが表示されてしまい、サーバにアップした時に表示されてしまうのはちょっと嫌なところです。

そこで今日はPHPのエラーを表示しないようにする方法についてご紹介します。

php.iniに指定

一番簡単な方法はphp.iniに記述する方法です。

エラー出力をしない

display_errors = off
エラー出力をする

display_errors = on

php.iniはドキュメントルートに設置します。ドキュメントルートとはWebサイトのindex.htmlがある場所ではないですよ。もう一つ上の階層です。

PHPファイル内に指定

特定のPHPファイルだけでエラーの表示非表示の設定ができます。ファイルの先頭に次の記述をします。

エラー出力をしない

<?php
ini_set('display_errors', 0);
?>
エラー出力をする

<?php
ini_set('display_errors', 1);
?>
.htaccessに指定

.htaccessに指定することもできます。

エラー出力をしない

php_flag display_errors off
エラー出力をする

php_flag display_errors on

ローカル環境ではエラー出力をonにしておくとエラーを見つけやすいので便利ですがサーバ側ではエラー出力はoffにしておいた方がセキュリティ的に安心です。

参考

php実行時に発生したエラー内容をブラウザで表示/非表示させる記述方法
[WordPress]PHPのエラーをブラウザに出力しないようにするには

  • カテゴリー:Labs