menu
menu

キーワード検索

アクセス解析 w3Analyzer

  • Labs

w3analyzer*

こんにちは(・∀・)

アクセス解析というとやはりGoogleアナリティクスが高機能でしかもフリーという事で皆さんもご利用になっていることだろうと思います。もちろんアクセス解析はGoogleアナリティクスでも良いのですが、ここではGoogleアナリティクスは置いておいて、今回は使い勝手が良くて設置も簡単、動作も軽快なw3Analyzerというアクセス解析があるのでご紹介したいと思います。

元々はOASAKA PHPさんが配布していたのですが、現在は更新も配布もしていないようで、もう新たに導入する事はできないのかなと思っていたら、アクセス解析が気になるんです。さんや、w3Analyzer UTF-8版さんが修正版を配布していらっしゃるようです。

w3Analyzer

phpで動きデータベースが不要、動作も軽く設置も簡単、データベースを使用しないのでアクセスの多いサイトには向かないかもしれませんが小規模サイトで運用するならこれで十分です。ログは日単位で1日1ファイル。

更新は止まっていますが今使ってもなかなか使いやすいし、なによりもったいないので当サイトでも少し変更して再配布したいと思います。

変更箇所は文字コードをEUCからUTF-8に変更してさらにHTML5に書き換えました。レイアウトのほとんどがテーブルで配置されていますが、そこはそのままで変更なしです。。。(泣)

w3a設定

w3Analyzerのダウンロードはこちら

1.上記からファイルをダウンロードして解凍してください。

2.解凍したらw3aフォルダごとアップロードしてください。

  incフォルダの中のconfig.phpを開いて設定します。

3.$userauth_flgでユーザ認証の種類を選びます。
  0 = しない
  1 = BASIC認証
  2 = フォーム認証

4.$userauth_idでユーザIDを設定します。

5.$userauth_pwdでパスワード(半角英数)を設定します。

  incフォルダの中のwritelog.phpを開いて設定します。

6.$acc_pathの値をw3aフォルダを設置したパスに変更します。

7.check.phpで各フォルダとファイルのパーミッションを変更します。

8.終了したらcheck.phpは削除してください。

設置タグ

アクセスを取りたいページに設置タグを貼り付けます。

PHPJavaScriptでログを取ります。お好きな方法をお選びください。

PHP

<?php
@include_once('/w3a/writelog.php');
?>
JavaScript

<script>document.write('<img src="/w3a/writelog.php?ref='+document.referrer+'" width="1" height="1">');</script>
<script><img src="/w3a/writelog.php?ref" width="1" height="1"></script>

設定は以上です。

ユーザー環境解析のブラウザの項目は、各ブラウザのアップデートにともない変更が頻繁に発生します。新しいバージョンの追加はファイルを見てもらえばわかると思いますが、規則性があって割と簡単なので覚えておくと良いと思います。ちなみにブラウザのバージョンはユーザーエージェントで振り分けております。ファイルの場所はlistフォルダの中で、ファイル名はbrowser.txtです。ちなみにiPhoneやiPadなどバージョン設定はしておりませんので、よろしければバージョンの追加などしてカスタマイズされてみてはいかがでしょうか。

配布元

OASAKA PHP

その他のw3analyzer DLサイト

アクセス解析が気になるんです。
w3Analyzer UTF-8版

  • カテゴリー:Labs