menu
menu

キーワード検索

 

前月(7月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 4-) CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  5. ( 7↑) jQueryで日時を表示【実践でjQuery入門】
  6. ( 5↓) 表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 9↑) スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  8. ( 8-) HTML5・ページ作成の基本
  9. ( -↑) Windows 10にMySQLをインストール
  10. ( -↑) 変数を宣言する【jQuery入門】

【Mac Tips】MacにOneDriveをインストール

  • Mac

OneDrive

こんにちは(・∀・)

今回はMacにOneDriveをインストールする方法についてご紹介します。

クラウド系ストレージのOneDrive

前回、前々回ご紹介しましたクラウド系ストレージのDropbox、Google Driveに続きまして、今回はOneDriveのインストール方法をご紹介していきます。

Microsoftのアカウントを持っていない場合はアカウントを作成しておいてください。

OneDriveのダウンロード

OneDriveはこちらのページからダウンロードできます。

ダウンロードのボタンをクリックするとダウンロードページに画面遷移します。

OneDriveダウンロード

OneDriveをインストールしよう!

入手をクリック。

OneDrive インストール

Appをインストールをクリック。

OneDriveインストール

インストールが自動で始まります。

OneDriveインストール

インストールが終わると開くボタンが表示されますが...

OneDriveインストール

その直後アップデートボタンに変わります。

OneDriveインストール

ここでこのアップデートボタンをクリックするとアップデートが始まるようですが、中々終わらないので画面を閉じて終了させました。もしかしたらその時だけの事象なのかもしれませんが。ここでアップデートが完了されたのかどうかはわかりません。

 

アプリケーションフォルダ内にOneDrive.appというアイコンができているのでそれをダブルクリックして起動。

OneDriveダウンロード

メールアドレスを入力してサインインをクリック。

OneDriveインストール

パスワードを入力してサインインをクリック。

OneDriveインストール

OneDriveフォルダーの場所を選択をクリック。

OneDriveインストール

OneDriveフォルダーの場所を決めます。良ければこの場所を選択をクリック。

OneDriveインストール

次へをクリック。

OneDriveインストール

次へをクリック。

OneDriveインストール

OneDriveフォルダーを開くをクリック。

OneDriveインストール

OneDriveのフォルダーができました。

OneDriveインストール

これでこのOneDriveのフォルダーにファイルを保存すれば自動的にOneDriveのサーバーにも保存されるようになります。


いかがでしたでしょうか、以上でOneDriveのインストールは終了です。このアプリも簡単にインストールすることができたかと思います。

OneDriveでも、今までブラウザ上で行なっていたファイルのバックアップなどをFinder上でできるようになりました。

  • カテゴリー:Mac