menu
menu

キーワード検索

 

最近の投稿

Macにフォントをインストール

  • Mac

Mac

こんにちは(・∀・)

Macにフォントをインストールしてみました。

なので今日はフォントのインストール方法についてのご紹介となります。

フォント

今回はフリーのフォントをダウンロードしてMacにインストールします。インストールといってもとても簡単でしたよ。

はじめに使用したいフリーフォントをダウンロードしておいてください。

Macでインストールできるフォント形式はotf(Open Type Font)、ttf(True Type Font)、ttc(True Type Collection)などです。

しかし同じttfファイルであってもWindows用で作られたttfファイルはMacでは使えないなどという場合もあるようなので注意が必要です。

フォントのインストール

それでは、ファインダーを開いてダウンロードして保存したフォントを探します。

ちなみにここに保存してあるフォントはWindowsで使用していたフォントなのでMacで使えるかはわかりませんがダメ元で試してみます。

Macにフォントをインストール

インストールしたいフォントが見つかったらダブルクリックします。

Macにフォントをインストール

ダブルクリックすると次のような画面が表示されますので、「フォントをインストール」をクリックします。

Macにフォントをインストール

するとFont Bookアプリケーションが起動しますので一度終了させます。

Macにフォントをインストール

再度Font Bookアプリケーションを起動させます。

ファインダー → アプリケーションから、Font Book.appをダブルクリックしてFont Bookアプリケーションを起動します。

「ユーザ」を選択して今回インストールしたフォントがFont Bookに正しく表示されているか確認してみます。今回インストールしたフォント名が見つかりましたのでインストールは大丈夫だったようです。

Macにフォントをインストール

使用しているアプリケーショんでも新しいフォントが使用できるか確認してみます。GIMPのテキスト編集を選択して、フォントの選択欄に今回インストールしたフォントがあるか確認します。インストールしたフォントの名前がありましたのでアプリでもフォントを使用できそうです。

Macにフォントをインストール

それでは新しいフォントを使用してみます。テキストツールで新しいフォントを選択して文字入力ができました。

Macにフォントをインストール

インストールは成功のようです。

Macにフォントをインストール

フォントの使用停止

フォントをインストールしたけれど、このフォントは使わないなって場合、フォントを使用停止することができます。

やり方は、ファインダー → アプリケーションで、Font Book.appをダブルクリックしてFont Bookアプリケーションを開きます。

使用停止したいフォントを選択してメニューバーの編集からか、選択したフォントの上で右クリックしてフォントの使用停止をクリックします。

Macにフォントをインストール

使用停止をクリックしてフォントの使用を停止します。

Macにフォントをインストール

フォント名の横に「切」の文字が表示されてフォントが使用できなくなりました。

Macにフォントをインストール

逆に使用停止にしたフォントを再度使えるようにする方法ですが、同じようにメニューバーの編集からか、再度使用できるようにしたいフォントの上で右クリックしてフォントの使用を再開させます。

Macにフォントをインストール

フォントの削除

フォントの削除方法は、フォントの使用停止とほぼ同じ流れです。

ファインダー → アプリケーションで、Font Book.appをダブルクリックしてFont Bookアプリケーションを開きます。

Macにフォントをインストール

削除したいフォントを選択してメニューバーの編集からか、選択したフォントの上で右クリックしてフォントの削除をクリックします。

Macにフォントをインストール

削除をクリックしてフォントを削除します。

Macにフォントをインストール

Font Bookアプリケーションからフォントは削除されました。

Macにフォントをインストール


いかがでしたでしょうか、フォントのインストールは簡単にできました。ただし同じフォント形式でもWindowsでは使えてMacでは使えない、という場合もあるようなので注意が必要です。今回インストールしたttf形式のフォントですが、こちらのフォントを発行しているkawaii手書き文字では、動作確認はWindowsのみで行なっているようで少し不安はありましたが、使えなければアンインストールすればいいや、と思いインストールしてみました。結果Macでも問題なく使えるようなので良かったです。

  • カテゴリー:Mac