menu
menu

キーワード検索

 

前月(6月)の人気記事トップ10

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 5 ↑) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  3. ( 2 ↓) 【CSS】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  4. ( 8 ↑) 【CSS】レスポンシブデザインのブレークポイントは⁉
  5. ( 3 ↓) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  6. ( 6 - ) 【CSS】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  7. ( 7 - ) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  8. ( 9 ↑) 【CSS】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  9. ( - ↑) 【PHP】PHPでシンプルなメールフォーム
  10. (10 - ) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
このエントリーをはてなブックマークに追加

【ブログ】iPad用USBメモリアダプター

USBメモリアダプター

こんにちは(・∀・)

前回のストレージ系の買ってみたシリーズで自分の分は終了しましたが、今回は奥さん用iPadのUSBメモリアダプターを買ったのでそれをご紹介していきたいと思います。

USBメモリアダプター

普段使いのPCをやめてiPadへと移行しようという流れの中でPCで保存しているデータなどをiPadでもみられるようにと今回USBメモリアダプターを購入してみました。

これ結論から言うと結構良かったです。

ちなみに買った時の値段は¥1,599です。

Flash Driveの開封

取り出してみました。

USBメモリアダプター

こんな感じです。USB端子とライトニング端子が付いてます。SDカードとマイクロSDカードを挿すことができます。

USBメモリアダプター

USB端子はこんな感じです。

USBメモリアダプター

ライトニング端子です。初め汚れかと思ってふきふきしたのですが取れないので良くみてみると、こんな感じで欠けていました。結果使えているのでいいのですがやはり中華クオリティです。

USBメモリアダプター

PCの方は普通のUSBメモリのように使えます。exFATでフォーマットして必要なファイルをSDカードに保存します。

iPad(iPhone)に挿入

次にiPad(iPhone)の方に挿してみると次のようなメッセージが出ました。

USBメモリアダプター

専用のアプリが必要なようなのでiPad(iPhone)にインストールします。

App Storeにはいくつかアプリの候補があるようです。

ここではi-FlashDeviceというアプリを選んでインストールしました。

USBメモリアダプター

インストールしたi-FlashDeviceを開くとこんな感じのインターフェースです、使いやすそうですね。

USBメモリアダプター

取説などはありませんでしたが、なんとなくわかりますね。

ロッカーというのはローカル側のストレージのことのようで、設備というのはSDカード側のようです。

設備の方をタップして見ると、PCで保存したファイルを見ることができました。

USBメモリアダプター


いかがでしたでしょうか、これ結構いい感じで使えてます。iPhoneで写真や動画を撮ったりしたらストレージはすぐいっぱいになってしまいます。クラウドにファイルを送るのもパケット代がかかるので、旅行に行った時などWi-Fiが使えない環境などで活躍してくれそうです。

  • blog
このエントリーをはてなブックマークに追加