menu
menu

キーワード検索

 

11月更新・前月(10月)の人気記事トップ10 - 11/10/2019

  1. ( 2 ↑) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  2. ( 6 ↑) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  3. ( 1 ↓) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  4. (圏外↑) 【Mac】外付けメディアが取り外せなくなったらSpotlightの除外項目を設定してみる
  5. ( 5 - ) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  6. ( 7 ↑) 【Mac】Safariでソースコードを見る方法
  7. ( 10 ↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
  8. (圏外↑) 【Mac】iMovieの保存場所を変更する
  9. ( 4 ↓) 【制作Tips】iPhone画面解像度まとめ
  10. ( 8 ↓) 【制作Tips】画面解像度一覧表
このエントリーをはてなブックマークに追加

background-position【CSSリファレンス】

background-position【CSSリファレンス】

こんにちは(・∀・)

CSSプロパティのご紹介です。今回ご紹介するCSSプロパティはbackground-positionです。

概要

background-positionプロパティを使用して背景画像の表示位置を指定します。横方向の位置と縦方向の位置を半角スペースで区切って指定します。


.sample {
  background-position: center top;
}
適用要素

すべての要素

指定できる値
横方向
left
横方向「0%と同じ」
center
横方向「50%と同じ」
right
横方向「100%と同じ」
縦方向
top
縦方向「0%と同じ」
center
縦方向「50%と同じ」
bottom
縦方向「100%と同じ」

片方のキーワードしか指定しなかった場合はもう片方の方向は自動的にcenterになります。

数値
横・縦方向
数値+単位・%値(初期値 0% 0%)数値をひとつだけしか指定しなかった場合は横方向の指定とみなされ自動的に縦方向は50%になります。
初期値
横方向
left
縦方向
top
サンプル
CSS

body {
  background-image: url(bg.png);
  background-repeat: repeat-x;
  background-position: center left;
}
Result

サンプルデモはこちら

  • CSS
このエントリーをはてなブックマークに追加