menu
menu

キーワード検索

 

12月更新・前月(11月)の人気記事トップ10 - 12/02/2019

  1. ( 1 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  2. ( 5 ↑) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  3. ( 2 ↓) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  4. ( 3 ↓) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  5. (圏外↑) 【iPhone・iPad】投稿の準備中にエラーが起きました。後でやり直してください。
  6. ( 4 ↓) 【Mac】外付けメディアが取り外せなくなったらSpotlightの除外項目を設定してみる
  7. (圏外↑) 【Google】Googleアカウントのメールアドレスを変更する方法
  8. (圏外↑) 【Mac】MacにGoogle Driveをインストール
  9. (圏外↑) 【Suica】iPhoneでSuicaをクレジットカード無しで使う方法
  10. ( 7 ↓) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
このエントリーをはてなブックマークに追加

flex-wrap【CSS3リファレンス】

flex-wrap【CSS3リファレンス】

こんにちは(・∀・)

CSS3で新しく追加されたプロパティをご紹介します。今回ご紹介しますCSSプロパティはbox-lines flex-wrapです。

概要

display:flexまたはdisplay:inline-flexが指定されている要素がflexコンテナ、その中に配置されている子要素がflexアイテムとなります。​

flexコンテナに配置されているflexアイテムを折り返して表示するかまたはどのように配置するかを指定するプロパティです。

flex-wrapプロパティはショートハンドのflex-flowプロパティの2番目の指定になります。

IEは11以上で対応しております。


.sample {
  flex-wrap: nowrap;
}
適用要素

display:flexまたはinline-flexが指定されている要素「flexコンテナ」

指定できる値
nowrap
折り返さない
wrap
折り返す
wrap-reverse
逆方向に折り返す
初期値

nowrap

サンプル
HTML

<div class="oya-youso">
<div class="ko-youso1">子要素1</div>
<div class="ko-youso2">子要素2</div>
<div class="ko-youso3">子要素3</div>
        ↓
<div class="ko-youso9">子要素9</div>
</div>
CSS

.oya-youso {
  display: flex;
  flex-wrap: wrap;
}
Result
子要素1
子要素2
子要素3
子要素4
子要素5
子要素6
子要素7
子要素8
子要素9

関連リンク

display:flexについて【CSS3リファレンス】
display【CSSリファレンス】

  • CSS3
このエントリーをはてなブックマークに追加