menu
menu

キーワード検索

 

12月更新・前月(11月)の人気記事トップ10 - 12/02/2019

  1. ( 1 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  2. ( 5 ↑) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  3. ( 2 ↓) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  4. ( 3 ↓) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  5. (圏外↑) 【iPhone・iPad】投稿の準備中にエラーが起きました。後でやり直してください。
  6. ( 4 ↓) 【Mac】外付けメディアが取り外せなくなったらSpotlightの除外項目を設定してみる
  7. (圏外↑) 【Google】Googleアカウントのメールアドレスを変更する方法
  8. (圏外↑) 【Mac】MacにGoogle Driveをインストール
  9. (圏外↑) 【Suica】iPhoneでSuicaをクレジットカード無しで使う方法
  10. ( 7 ↓) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
このエントリーをはてなブックマークに追加

hsla()【CSS3リファレンス】

hsla()【CSS3リファレンス】

こんにちは(・∀・)

CSS3で新しく追加された機能をご紹介します。今回ご紹介するのはhsla()です。

概要

HSLとはhue(色相)、Saturation(彩度)、Lightness(明度)の事で、それに不透明度のAを足したのがhslaです。指定の仕方は、色相のhueは、赤の0度からはじまって同じく赤の360度で終わるカラーサークル(色相環)の色の角度で指定します。

Saturation(彩度)とLightness(明度)は%の単位で指定します。彩度が100%でもっとも鮮やかになり、0%ではその逆になります。明度は100%で白になり、0%で黒になります。50%が標準の明度の状態になります。不透明度の値は0~1で、0は透明、1は不透明です。


.sample {
  background: hsla(色相,彩度,明度,不透明度);
}

hsla(色相,彩度,明度,不透明度)

サンプル
HTML

<p class="demo0">背景0</p>
<p class="demo1">背景1</p>
<p class="demo2">背景2</p>
<p class="demo3">背景3</p>
<p class="demo4">背景4</p>
<p class="demo5">背景5</p>
<p class="demo6">背景6</p>
<p class="demo7">背景7</p>
<p class="demo8">背景8</p>
<p class="demo9">背景9</p>
<p class="demo10">背景10</p>
CSS

.demo0 {
  background: hsla(180,50%,50%,0.0);
}
.demo1 {
  background: hsla(180,50%,50%,0.1);
}
.demo2 {
  background: hsla(180,50%,50%,0.2);
}
.demo3 {
  background: hsla(180,50%,50%,0.3);
}
.demo4 {
  background: hsla(180,50%,50%,0.4);
}
.demo5 {
  background: hsla(180,50%,50%,0.5);
}
.demo6 {
  background: hsla(180,50%,50%,0.6);
}
.demo7 {
  background: hsla(180,50%,50%,0.7);
}
.demo8 {
  background: hsla(180,50%,50%,0.8);
}
.demo9 {
  background: hsla(180,50%,50%,0.9);
}
.demo10 {
  background: hsla(180,50%,50%,1.0);
}
Result

背景0
背景1
背景2
背景3
背景4
背景5
背景6
背景7
背景8
背景9
背景10

  • CSS3
このエントリーをはてなブックマークに追加