menu
menu

キーワード検索

 

前月(10月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 7↑) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本
  5. ( 6↑)【jQuery入門】jQueryで日時を表示
  6. ( 5↓) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 4↓) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  8. ( 8-) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  9. ( 9-) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  10. (10-) 【CSS Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション

transform-origin【CSS3リファレンス】

  • CSS

transform-origin

こんにちは(・∀・)

CSS3で新しく追加されたプロパティをご紹介します。今回ご紹介するCSSプロパティはtransform-originです。

概要

transformで要素を移動・回転・拡大縮小・傾斜させる際の基準点を、要素の左上を0.0とする座標またはキーワードで半角スペースで区切って指定します。​

値を数値で指定する場合は、1つ目は横方向の値、2つ目は縦方向の値となります。2つ目の値を省略するとその値はcenterとなります。初期値の基準点は要素の中心50%, 50%です。


.sample {
  transform-origin: left bottom;
}
適用要素

ブロックレベル要素・インライン要素

指定できる値
数値+%
基準点の位置を要素の大きさに対する割合で指定
負の値も指定できます。
数値+単位
基準点の位置を数値+単位で指定
負の値も指定できます。
left, center, right
基準点の横方向の位置をキーワードで指定
top, center, bottom
基準点の縦方向の位置をキーワードで指定
初期値

50%, 50%

サンプル
HTML

<p class="demo">サンプルデモ</p>
CSS

.demo {
  width: 50px;
  height: 50px;
  transform-origin: left bottom;
  transform: rotate(45deg);
}
Result

サンプルデモ


関連リンク

CSS3リファレンス

  • カテゴリー:CSS