menu
menu

キーワード検索

 

11月更新・前月(10月)の人気記事トップ10 - 11/10/2019

  1. ( 2 ↑) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  2. ( 6 ↑) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  3. ( 1 ↓) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  4. (圏外↑) 【Mac】外付けメディアが取り外せなくなったらSpotlightの除外項目を設定してみる
  5. ( 5 - ) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  6. ( 7 ↑) 【Mac】Safariでソースコードを見る方法
  7. ( 10 ↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
  8. (圏外↑) 【Mac】iMovieの保存場所を変更する
  9. ( 4 ↓) 【制作Tips】iPhone画面解像度まとめ
  10. ( 8 ↓) 【制作Tips】画面解像度一覧表
このエントリーをはてなブックマークに追加

line-height【CSSリファレンス】

line-height【CSSリファレンス】

こんにちは(・∀・)

CSSプロパティのご紹介です。今回ご紹介するCSSプロパティはline-heightです。

概要

line-heightプロパティを使用して行の高さを指定します。値にマイナス値を指定する事はできません。行の高さは、font-sizeが12pxでline-heightが18pxとした場合、行の高さ18pxからフォントサイズ12pxを引いた残りの6pxが行の高さになります。また、行の高さがフォントサイズより小さくなる場合、行は重なって表示されます。


.sample {
  line-height: 1.5;
}
適用要素

すべての要素

指定できる値
normal
ブラウザに依存する
数値
数値+単位・%値・数値のみ
数値のみ指定した場合は子要素に相対値が継承され、単位を付けた場合は絶対値が継承されます。
初期値

normal

サンプル
HTML

<p class="demo">行の高さは1.5です。</p>
CSS

.demo {
  line-height: 1.5;
}
Result

行の高さは1.5です。

  • CSS
このエントリーをはてなブックマークに追加