menu
menu

キーワード検索

 

前月(10月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 7↑) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本
  5. ( 6↑)【jQuery入門】jQueryで日時を表示
  6. ( 5↓) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 4↓) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  8. ( 8-) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  9. ( 9-) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  10. (10-) 【CSS Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション

WordPressをMacのローカル環境にインストール

  • Guide

WordPress

こんにちは(・∀・)

今日はMAMPがインストールされたMacのローカル環境にWordPressをインストールしていく方法について解説していきます。

WordPressのインストール

Macのローカル環境にWordPressをインストールしていきます。

WordPressをインストールする前にMAMPのインストールなどは済んでいるということが前提です。なのでまだの方は次のリンク先をご確認いただきインストールなどは終わらせておいてください。

MacにMAMPをインストール
【Mac】MAMPでバーチャルホスト 必要であれば
MAMPのポート番号を元に戻す 必要であれば

MySQL

はじめにMySQLでデータベースを作ります。

MAMPを立ち上げてサーバを起動「ようこそ」画面からphpMyAdminを開きます。

MAMP

画面上部にあるツールをクリックしてphpMyAdminを開いてください。

おや?!、phpMyAdminが白地で選択できないようになっている...

PHPのバージョンが5.5.xから7.0.x...

MAMP

MAMPのPreferencesでPHPのバージョンを確認してみます。

PHPのバージョンが7.1.1になっていました。

MAMP

PHPのバージョンを上の7.0.15に変更します。

MAMP

これでphpMyAdminが使えるようになりました。

MAMP

それではphpMyAdmin開きます。

phpMyAdmin

新しくデータベースを作ります。

phpMyAdmin

データベースの名前はなんでもいいです。WordPressのバックアップ的に考えているなら本番サーバと合わせてもいいですし、ローカルではWordPressの外観のテスト用だけというのであれば適当でいいと思います。名前を入力して作成ボタンをクリックしてください。

phpMyAdmin

!このデータベースにはテーブルがありません、と出ますがここでは気にしないで大丈夫です。

phpMyAdmin

サーバ:localhostをクリックしてデータベースタブを開くと新しく作ったデータベースが追加されているのが確認できます。

phpMyAdmin

phpMyAdminでデータベースを作成する作業はこれで終了です。


次にWordPressをダウンロードします。

WORDPRESS.ORG 日本語からWordPressをダウンロードしてください。

WordPress

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

WordPress

解凍してできたwordpressフォルダをApacheのドキュメントルート、アプリケーション → MAMP → htdocsにコピーしてください。バーチャルホストの設定をしている場合は設定したドキュメントルートのインストールしたいフォルダにコピーしてください。このフォルダの名前を変更したい場合(例えばwordpress → wpなどなど)はこの時変更しておいてください。

WordPress

それではWordPressをインストールしていきます。ブラウザを立ち上げてMAMPのポート番号を変更している方はhttp://localhost/wordpress/、変更していない方はhttp://localhost:8888/wordpressと入力して「リターン」キーを押してください。WordPressのインストール画面になります。さあ、始めましょう!をクリックしてインストールしていきます。

WordPress

入力画面です。必要事項を入力していきます。

WordPress

データベース名は先ほどphpMyAdminで作ったデータベースの名前を入力します。

それ以外はMAMPのようこそ画面に表示されている内容を入力します。

WordPress

ポート番号を80番に変更した場合、データベースのホスト名はlocalhostですが、ポート番号を変更していない場合はlocalhost:8889と入力して送信をクリックしてください。

WordPress

インストール実行をクリックしてください。

WordPress

必要事項を入力してWordPressをインストールをクリックしてください。

WordPress

インストールが成功したらログイン画面が表示されます。先程作成したログイン情報を入力してログインしてください。

WordPress

この画面が表示されたらWordPressのインストールは成功です。

WordPress


次にサブディレクトリにインストールしたWordPressをドキュメントルートに表示させます。設定画面を開いてください。

WordPress

サイトアドレス部分を変更したら下の方にある「変更を保存」ボタンをクリックして変更を確定させます。

WordPress

wordpressフォルダにあるindex.phpファイルをコピーしてWebサイトのドキュメントルートにペーストしてください。

ペーストしたらindex.phpを開いてパスを変更します。

WordPress

パスを変更したら終了です。

WordPress

これでルートディレクトリにWebサイトが表示されるようになります。

以上でMAMPがインストールされたMacのローカル環境にWordPressをインストール作業は終了です特に難しいことはありませんので入力部分などを間違えないようにすることがポイントになります。


関連リンク

MacにMAMPをインストール
【Mac】MAMPでバーチャルホスト
MAMPのポート番号を元に戻す

  • カテゴリー:Guide