SSIサンプル

実行可能なコマンド

 

config timefmt

<!--#config timefmt="%m月%d日 %H時%M分" -->

 

時刻を表示する際のフォーマットを指定します。

 

記号
表示
内容
%c
10/30/10 11:22:33
月/日/年 時:分:秒
%x
10/30/97
月/日/年
%X
11:22:33
時:分:秒
%Y
2010
年(4桁)
%y
10
年(2桁)
%B
October
月(アルファベット)
%b
Oct
月(ショート)
%m
10
月(数字)
%d
01
%A
Friday
曜日
%a
Fri
曜日(ショート)
%p
PM
時間(AM or PM)
%H
21
時(24時間)
%I
9
時(12時間)
%M
55
%S
55
%Z
JST
タイムゾーン

 

echo

<!--#echo var="LAST_MODIFIED" -->

 

指定した環境変数の値を表示します。

 

環境変数
解説
DOCUMENT_NAME
ファイル名
DOCUMENT_URI
パス名
QUERY_STRING_UNESCAPED
クライアントから送信された文字列
DATE_LOCAL
現在ローカル時刻
DATE_GMT
現在グリニッジ標準時
LAST_MODIFIED
最終更新時

 

サンプルコード

<!--#config timefmt="%m/%d/%H:%M:%S" -->
<!--#echo var="DATE_LOCAL" -->

 

サンプルデモ

タイムフォーマット現在時刻を組み合わせた例

09/21/19:42:29

 

flastmod

<!--#flastmod file="sample.html" -->

 

ファイルの更新日時を表示します。file=""に対象ファイル名を指定します(別ファイルの指定もできます)。

 

サンプルコード

<!--#config timefmt="%m/%d/%H:%M:%S" -->
<!--#flastmod file="sample.html" -->

 

サンプルデモ

このHTMLファイルの更新日時

[an error occurred while processing this directive]

 

fsize

<!--#fsize file="sample.html" -->

 

ファイルのデータ量を表示する指定です。file=""に対象ファイル名を指定します(別ファイルの指定もできます)。

 

サンプルコード

<!--#fsize file="sample.html" -->
サンプルデモ

このHTMLファイルのデータ量
[an error occurred while processing this directive]

 

include

<!--#include file="sample.txt" -->
<!--#include virtual="/sample/sample.txt" -->

 

別ファイルの内容をHTMLに読み込む指定です。file=""またはvirtual=""に対象ファイル名を指定します。

 

サンプルコード

<!--#include file="sample.txt" -->
サンプルデモ

別ファイルからデータを読み込む
ここは別ファイルから読み込まれたテキストを表示しています。

 

exec

<!--#exec cmd="/cgi-bin/sample.cgi" -->

 

プログラム実行を指定します。cmd=""に対象ファイル名を指定します。

 

サンプルコード

<!--#exec cmd="/cgi-bin/sample.cgi" -->
サンプルデモ

-

前のページにもどる