menu
menu

キーワード検索

 

9月更新・前月(8月)の人気記事トップ10 - 9/2/2019

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. (圏外↑) 【2019年度決定版】レスポンシブデザインのブレークポイントはこれで決まり❗️
  4. ( 3 ↓) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  5. ( 4 ↓) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  6. ( 7 ↑) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  7. ( 5 ↓) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  8. ( 6 ↓) 【Mac】Safariでソースコードを見る方法
  9. ( 8 ↓) 【制作Tips】画面解像度一覧表
  10. (圏外↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
このエントリーをはてなブックマークに追加

link要素【HTMLリファレンス】

link要素【HTMLリファレンス】

こんにちは(・∀・)

HTMLの要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はlinkです。

概要

link要素は関連する別ページとの関係を示す要素です(終了タグがない空要素です)。link要素はhead要素の中に記述します。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

メタデータ・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

メタデータ・コンテンツが配置できる場所

要素の内容

空要素

属性名 解説
href 関係するファイルのURLを指定します。
href="URL"
rel href属性で指定したファイルとの関係を示します。
rel="キーワード"
media href属性で指定したファイルが対象としているメディアを指定します。
media="対象メディア"
hreflang href属性で指定したファイルの言語コードを指定します。
hreflang="言語コード"
type href属性で指定したファイルのMIMEタイプを指定します。
type="MIMEタイプ"
sizes rel="icon"を指定した場合アイコンのサイズを指定します。「any」または半角英数で「幅x高さ」(例:5x6)で指定します。
sizes="サイズ"
rel属性の値(リンクタイプ)
説明
alternate 代替文書を指定します。
author そのページの作者へのリンクを指定します。
help ヘルプへのリンクを指定します。
icon アイコンのインポートを指定します。
license 文書の著作権に関するページへのリンクを指定します。
next 次ページへのリンクを指定します。
prev 前ページへのリンクを指定します。
pingback 文書のpingbackサーバを指定します。
prefetch 外部リソースを指定します。
search 関連ページを検索するためのリンクを指定します。
sidebar ブラウザのサイドバーに表示する外部リソースを指定します。
stylesheet スタイルシートを指定します。
tag ページに付けるタグを指定します。
HTML

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<title>サンプル</title>
<link rel="stylesheet" href="sample.css">
<link rel="alternate stylesheet" href="alternate_sample.css">
</head>
<body>
<p>本文</p>
</body>
</html>
  • HTML
このエントリーをはてなブックマークに追加