menu
menu

キーワード検索

 

template要素【HTML5リファレンス】

template要素【HTML5リファレンス】

概要

ページ内で繰り返し使用したい内容をtemplate要素に記述し、JavaScript等のスクリプトと組み合わせて使用します。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

メタデータ・コンテンツ、フレージング・コンテンツ、フロー・コンテンツ、スクリプトサポート要素 (カテゴリーについて)

要素の配置

メタデータ・コンテンツ、フレージング・コンテンツ、スクリプトサポート要素、が配置できる場所
span属性がないcolgroup要素の子要素

要素の内容

メタデータ・コンテンツ、フロー・コンテンツ、特定要素のコンテンツモデルを継承

サンプル

<!-- テンプレート内容 -->
<template>
<p>テンプレート</p>
</template>
<!-- テンプレート内容表示 -->
<div id="smp"></div>
<script>
 〜
</script>

 

にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ
  • HTML5