menu
menu

キーワード検索

 

前月(10月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 7↑) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本
  5. ( 6↑)【jQuery入門】jQueryで日時を表示
  6. ( 5↓) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 4↓) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  8. ( 8-) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  9. ( 9-) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  10. (10-) 【CSS Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション

title要素【HTMLリファレンス】

  • HTML

title要素

こんにちは(・∀・)

HTMLの要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はtitleです。

概要

title要素はページにタイトルを付けるための要素です。title要素で設定したタイトルは、ブラウザのタイトルバー、検索エンジンの検索結果、ブックマーク・お気に入りのタイトル等として表示されます。そのため、そのページのトピックが何であるかをわかりやすく記述することが重要です。また、SEO対策としてもサイト内のページには個々のタイトルを付けることが理想的です。title要素はhead要素内に記述します。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

メタデータ・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

head要素内に配置

要素の内容

テキスト

HTML

<html>
<head>
<title>Webデザインラボ</title>
</head>
<body>
<p>本文</p>
</body>
</html>

関連リンク

HTMLリファレンス

  • カテゴリー:HTML