menu
menu

キーワード検索

 

8月更新・前月(7月)の人気記事トップ10 - 8/1/2019

  1. ( 2 ↑) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 1 ↓) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. ( 6 ↑) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  4. ( 3 ↓) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  5. ( 7 ↑) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  6. ( 4 ↓) 【Mac】Safariでソースコードを見る方法
  7. ( 8 ↑) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  8. ( 9 ↑) 【制作Tips】画面解像度一覧表
  9. (圏外↑) 【Perl】Windows 10にActivePerlをインストール
  10. (圏外↑) 【jQuery】入門5. jQueryで日時を表示
このエントリーをはてなブックマークに追加

keygen【HTML5リファレンス】

keygen【HTML5リファレンス】

keygen要素がHTML5.2で削除予定になりました。2018.01.30 追記

概要

keygen要素は公開鍵暗号の公開鍵及び秘密鍵のペアを生成するための要素です。送信時に公開鍵はサーバに送信され、秘密鍵はローカルに保存されます。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

フレージング・コンテンツ、フロー・コンテンツ、インタラクティブ・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

フレージング・コンテンツが配置できる場所

要素の内容

空要素

属性名 解説
name 名前を指定します。
name="名前"
autofocus いずれかの書式を指定すると自動でフォーカスします。
autofocus
autofocus="autofocus"
autofocus=""
challenge 公開鍵と一緒に送信するチャレンジ文字列を指定します。
challenge="チャレンジ文字列"
disabled いずれかの書式を指定すると使用できなくなります。
disabled
disabled="disabled"
disabled=""
form form要素のid属性を指定してform要素とkeygen要素を関連づけます。keygen要素がform要素の内容に含まれているかどうかに関係なくkeygen要素を機能させることができます。
form="form要素のID"
keytype 生成される鍵を指定します。現在指定できる鍵の種類は「rsa」だけです。
keytype="rsa"
サンプル
HTML

<form>
<keygen name="sample">
<input type="submit" value="送信">
</form>
Result

サンプルのためボタンをクリックしてもデータは送信されません。
  • HTML5
このエントリーをはてなブックマークに追加