menu
menu

キーワード検索

 

9月更新・前月(8月)の人気記事トップ10 - 9/2/2019

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. (圏外↑) 【2019年度決定版】レスポンシブデザインのブレークポイントはこれで決まり❗️
  4. ( 3 ↓) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  5. ( 4 ↓) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  6. ( 7 ↑) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  7. ( 5 ↓) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  8. ( 6 ↓) 【Mac】Safariでソースコードを見る方法
  9. ( 8 ↓) 【制作Tips】画面解像度一覧表
  10. (圏外↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
このエントリーをはてなブックマークに追加

audio【HTML5リファレンス】

audio【HTML5リファレンス】

こんにちは(・∀・)

HTML5で新しく追加された要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はaudioです。

概要

audio要素は音声データを再生させるための要素です。要素内にはaudio要素未対応のブラウザ向けのコンテントを入れます。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

エンベディッド・コンテンツ、インタラクティブ・コンテンツ controls属性が指定されている場合、フレージング・コンテンツ、フロー・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

エンベディッド・コンテンツが配置できる場所

要素の内容

src属性がある場合はmedia要素を除く親要素と同じ内容。無い場合はmedia要素を除くsource要素に続けて親要素に入れられる内容と同じ。

属性名 解説
src 音声データを指定します。
src="sample.mp3"
controls いずれかの書式を指定すると再生、停止、音量調整等のコントローラーが表示されます。
controls
controls="controls"
controls=""
autoplay いずれかの書式を指定すると自動に再生します。
autoplay
autoplay="autoplay"
autoplay=""
loop いずれかの書式を指定するとループ再生します。
loop
loop="loop"
loop=""
preload ブラウザにプリロードを行うかどうかを指定します。値は「none」「metadata」「auto」があります。
preload="none"...なし
preload="metadata"...メタデータのみ
preload="auto"...自動
サンプル
HTML

<audio src="sample.mp3" controls="controls"></audio>
Result

未対応のブラウザではサンプルは表示されません。
  • HTML5
このエントリーをはてなブックマークに追加