menu
menu

キーワード検索

 

前月(10月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 7↑) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本
  5. ( 6↑)【jQuery入門】jQueryで日時を表示
  6. ( 5↓) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 4↓) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  8. ( 8-) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  9. ( 9-) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  10. (10-) 【CSS Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション

iframe要素【HTMLリファレンス】

  • HTML

iframe要素

こんにちは(・∀・)

HTMLの要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はiframeです。

概要

iframe要素はHTML文書内に別の文書を表示させるためのフレームを表示します。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

エンベディッド・コンテンツ、インタラクティブ・コンテンツ、フレージング・コンテンツ、フロー・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

エンベディッド・コンテンツが配置できる場所

要素の内容

テキスト

属性名 解説
src フレームに表示するHTML文書のURLを指定します。
src="example.html"
name フレーム名を指定します。
name="main"
width フレームの幅を指定します。
width="500"
height フレームの高さを指定します。
height="250"
srcdoc インラインフレーム内に表示させる文書のソースコードを直接この属性の値として指定できます。
srcdoc="HTMLソースコード"
sandbox セキュリティ対策上インラインフレーム内に表示させる文書に制限をつける際に使用します。この属性を使用するとフォームやスクリプトその他コンテンツへのリンクやプラグインが無効になります。
allow-forms…フォームを有効にする
allow-scripts…スクリプトを有効にする
allow-same-origin…同一オリジンとして扱う
allow-top-navigation…トップレベル文書へのtarget属性の指定可
sandbox="allow-forms allow-scripts"
*半角で区切って複数指定することもできます。
seamless いずれかの書式を指定するとインラインフレームではなく通常のコンテントのようにシームレスに表示されます。
seamless
seamless="seamless"
seamless=""
サンプル
HTML

<iframe src="sample.html">
<p>フレームの代替内容</p>
</iframe>
Result


関連リンク

HTMLリファレンス

  • カテゴリー:HTML