menu
menu

キーワード検索

 

前月(11月)の人気記事トップ10

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. ( 3 - ) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  4. ( 4 - ) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  5. ( 6 ↑) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  6. ( 5 ↓) 【iPhone・iPad】投稿の準備中にエラーが起きました。後でやり直してください。
  7. ( 9 ↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
  8. ( 8 - ) 【CSS】レスポンシブデザインのブレークポイントは⁉
  9. (10 ↑) 【Mac】iMovieの保存場所を変更する
  10. ( - ↑) 【PHP】PHPでシンプルなメールフォーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

details【HTML5リファレンス】

details

こんにちは(・∀・)

HTML5で新しく追加された要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はdetailsです。

概要

details要素は操作手段などの詳細情報を示すための要素です。summary要素がある場合はdetails要素の見出し・詳細となり、無い場合はブラウザがその代わりとなる見出しを表示させることになっています。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

インタラクティブ・コンテンツ、セクショニング・コンテンツ、フロー・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

フロー・コンテンツが配置できる場所

要素の内容

summary要素、フロー・コンテンツ

属性名 解説
open いずれかの書式を指定すると最初から詳細情報が表示されます。
open
open="open"
open=""
HTML

<details>
<summary>詳細</summary>
<p>具体的な詳細を記述</p>
</details>
  • HTML5
このエントリーをはてなブックマークに追加