menu
menu

キーワード検索

 

前月(10月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 7↑) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本
  5. ( 6↑)【jQuery入門】jQueryで日時を表示
  6. ( 5↓) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 4↓) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  8. ( 8-) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  9. ( 9-) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  10. (10-) 【CSS Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション

del要素【HTMLリファレンス】

  • HTML

del要素

こんにちは(・∀・)

HTMLの要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はdelです。

概要

del要素は文字に打ち消し線を表示し内容の削除を示す要素です。打ち消し線で削除された内容を示すことにより、何が削除されたのかを表すことができます。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

フレージング・コンテンツ *フレージング・コンテンツのみを含む場合、フロー・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

フレージング・コンテンツが配置できる場所

要素の内容

親要素に入れられる内容と同じ

属性名 解説
cite 削除された理由が書かれている文書のURLを指定します。
cite="URL"
datetime 削除された日時を指定します。
例えば、日本時間で「2009年8月4日 午前8時20分00秒」の日時を指定する場合の記述の方法は次の通りです。
2009-08-04T08:20:00+09:00
datetime="2009-08-04T08:20:00+09:00"
サンプル
HTML

<p><del datetime="2009-08-04T08:20:00+09:00">HTML4.01</del></p>
<p>HTML5</p>
Result

HTML4.01

HTML5


関連リンク

HTMLリファレンス

  • カテゴリー:HTML