menu
menu

キーワード検索

 

前月(10月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 7↑) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本
  5. ( 6↑)【jQuery入門】jQueryで日時を表示
  6. ( 5↓) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 4↓) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  8. ( 8-) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  9. ( 9-) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  10. (10-) 【CSS Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション

q要素【HTMLリファレンス】

  • HTML

q要素

こんにちは(・∀・)

HTMLの要素をご紹介します。今回ご紹介するHTML要素はqです。

概要

q要素は引用文であることを示す要素です。q要素は短い文を(インラインで)引用する場合に使用します。長い文を(ブロックレベルで)引用する場合にはblockquote要素を使用し、参照先を示す場合はcite要素を使用します。また、cite属性で引用元のURLを示すことができます。q要素で指定した範囲の前後には自動的に引用符が付けられます。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

フレージング・コンテンツ、フロー・コンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

フレージング・コンテンツが配置できる場所

要素の内容

フレージング・コンテンツ

属性名 解説
cite 引用した文章があるページのURLを指定します。
cite="URL"
サンプル
HTML

<p><q cite="http://example.com/">吾輩は猫である</q>は、『吾輩は猫である。名前はまだ無い。』という書き出しで始まります。</p>
Result

吾輩は猫であるは、『吾輩は猫である。名前はまだ無い。』という書き出しで始まります。


関連リンク

HTMLリファレンス

  • カテゴリー:HTML