menu
menu

キーワード検索

 

前月(10月)の人気記事トップ10

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. ( 3 - ) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  4. ( 4 - ) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  5. ( 8 ↑) 【iPhone・iPad】投稿の準備中にエラーが起きました。後でやり直してください。
  6. (10 ↑) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  7. ( 5 ↓) 【PHP】PHPでシンプルなメールフォーム
  8. ( 6 ↓) 【CSS】レスポンシブデザインのブレークポイントは⁉
  9. ( - ↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
  10. ( - ↑) 【Mac】iMovieの保存場所を変更する
このエントリーをはてなブックマークに追加

s要素【HTMLリファレンス】

s要素【HTMLリファレンス】

概要

s要素は、内容が無効であるということを表します。

汎用属性

id、class、lang、title、style、dir、tabindex、accesskey、contenteditable、spellcheck、draggable、contextmenu、hiddenの各属性を指定することができます。(汎用属性について)

カテゴリー

フレージング・コンテンツ、フロー・コンテンツ、パルパブルコンテンツ (カテゴリーについて)

要素の配置

フレージング・コンテンツが配置できる場所

要素の内容

フレージング・コンテンツ

サンプル
HTML

<p>プレミア価格になりました❗️</p>
<p><s>価格 : ¥1,000</s></p>
<p><b>価格:¥10,000,000</b></p>
Result

プレミア価格になりました❗️

価格 : ¥1,000

価格 : ¥10,000,000

参考までに過去の情報を表示する際に使用します。

間違った内容を訂正するというような場合はdel要素を使用します。

  • HTML
このエントリーをはてなブックマークに追加