menu
menu

キーワード検索

 

前月(10月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) 【CSS Tips】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) 【CSS Tips】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 7↑) 【HTML5】HTML5・ページ作成の基本
  5. ( 6↑)【jQuery入門】jQueryで日時を表示
  6. ( 5↓) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 4↓) 【CSS Tips】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  8. ( 8-) 【Mac Tips】MacにInkscapeをインストール
  9. ( 9-) 【MySQL】Windows 10にMySQLをインストール
  10. (10-) 【CSS Tips】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション

【CSS Tips】横幅指定している親要素内でURLや長い英単語が改行しない場合の対処法について

  • Labs

【CSS Tips】横幅指定している親要素内でURLや長い英単語が改行しない場合の対処法について

こんにちは(・∀・)

長いURLや単語など親要素で横幅を指定しているにもかかわらず改行してくれない場合に使えるword-wrapプロパティ・word-breakプロパティの使い分けについてご紹介します。

word-wrapプロパティとword-breakプロパティ

word-wrapプロパティとword-breakプロパティという同じようなプロパティがあります。word-wrapプロパティは親要素の大きさにあわせて英単語などは単語の区切りで折り返してくれるプロパティです。親要素の大きさにあわせて改行してくれるword-breakプロパティは単語の区切りなどは構わず、親要素の大きさにあわせて改行してくれます。

ではどのように使い分ければ良いのか…?


.sample {
  word-wrap: break-word;
  word-break: break-all;
}
サンプル

こちらのページでword-breakとword-wrapのサンプルを公開しております。よろしければご確認ください。word-wrap/word-breakの使用例


関連リンク

overflow-wrap/word-wrap【CSS3リファレンス】
word-break【CSS3リファレンス】

  • カテゴリー:Labs