menu
menu

キーワード検索

 

前月(11月)の人気記事トップ10

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. ( 3 - ) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  4. ( 4 - ) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  5. ( 6 ↑) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  6. ( 5 ↓) 【iPhone・iPad】投稿の準備中にエラーが起きました。後でやり直してください。
  7. ( 9 ↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
  8. ( 8 - ) 【CSS】レスポンシブデザインのブレークポイントは⁉
  9. (10 ↑) 【Mac】iMovieの保存場所を変更する
  10. ( - ↑) 【PHP】PHPでシンプルなメールフォーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

【制作Tips】facebookシェアデバッガー

【制作Tips】facebookシェアデバッガー

こんにちは(・∀・)

前回の【制作Tips】facebook・TwitterのOGP設定でOGPの設定方法をご紹介しましたが、今回はそのOGP設定の際に使用するデバッガーをご紹介します。

OGPデバッガー

デバッグができるOGPデバッガーはfacebookとTwitterの両サイトであります。

facebookシェアデバッガー

facebookシェアデバッガーがこちらです。

https://developers.facebook.com/tools/debug/sharing/

デバッグしたいURLを入力して「デバッグ」ボタンをクリックします。

するとシェアされるページの情報が表示されます。

正しく情報が表示されていればそのままでOKです。

修正の必要がある場合は必要に応じて内容の修正変更を行ってください。

修正できたら内容を更新する必要がありますので、「もう一度スクレイピング」をクリックして内容を更新してください。

シェアされる情報が正しく表示されたらデバッグは終了です。

facebookにはOGP専用のデバッグサイトもあり、こちらでも同じようにデバッグができます。

https://developers.facebook.com/tools/debug/og/object/

こちらの方が詳細にデバッグできるようですがお好みで。

Twitter Card Validator

https://cards-dev.twitter.com/validator/

Card URL欄にデバッグしたいURLを入力して「Preview card」をクリックします。

こちらもシェアされるページの情報がCard previewに表示されます。

正しく情報が表示されていればそのままでOKです。

修正の必要がある場合は必要に応じて内容の修正変更を行ってください。

修正できたらもう一度「Preview card」ボタンをクリックして表示内容を確認してください。

シェアされる情報が正しく表示されたらデバッグは終了です。


facebookやTwitterでシェアされる情報が確認でき、またキャッシュされている内容をクリアすることもできるので、とても有用なサイトですね。このようなサイトはぜひ積極的に活用していきましょう❗️

参考サイト

【2016年版】Facebook、Twitterに最適なOGP記述設定まとめ

  • Facebook OGP Twitter デバッグ
このエントリーをはてなブックマークに追加