menu
menu

キーワード検索

 

9月更新・前月(8月)の人気記事トップ10 - 9/2/2019

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. (圏外↑) 【2019年度決定版】レスポンシブデザインのブレークポイントはこれで決まり❗️
  4. ( 3 ↓) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  5. ( 4 ↓) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  6. ( 7 ↑) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  7. ( 5 ↓) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  8. ( 6 ↓) 【Mac】Safariでソースコードを見る方法
  9. ( 8 ↓) 【制作Tips】画面解像度一覧表
  10. (圏外↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
このエントリーをはてなブックマークに追加

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

こんにちは(・∀・)

macOS Sierraのデフォルト設定ではMacのデスクトップ(フォルダ)と書類フォルダに保存したファイルを自動でiCloudドライブに保存する同期機能があるそうです。

どのデバイスからも保存したファイルにアクセスできる便利な機能っぽいのですが、普段デスクトップを一時保存場所にしているので、ファイルを保存するたびにiCloudドライブと通信して少ないiCloudのスペースを占領することにメリットを感じないため、設定を解除することとしました。

iCloudドライブとの同期を解除

デスクトップ(フォルダ)と書類フォルダの同期をiCloudドライブと解除する方法は簡単です。

メニューバーにあるリンゴのマークをクリック > システム環境設定 > iCloud > オプションをクリックします。

iCloudをクリックします。

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

オプションをクリックします。

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

"デスクトップフォルダ"と"書類"フォルダについているチェックを外します。

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

切にするをクリックします。

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

Finderに表示をクリックします。

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

今までデスクトップフォルダや書類フォルダにあったファイルはiCloudドライブにあります。

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

完了をクリックして終了します。

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

iCloudドライブと同期を設定

逆にデスクトップ(フォルダ)と書類フォルダをiCloudドライブと同期する方法はこちらです。

iCloudをクリックします。

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

オプションをクリックします。

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

Finderに表示をクリックします。

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

"デスクトップフォルダ"と"書類"フォルダにチェックを付けます。

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

iCloudドライブにデスクトップと書類が追加されました。

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更

完了をクリックして終了します。

【Mac】iCloudのデスクトップと書類の同期保存を変更


いかがでしたでしょうか、一見便利そうなiCloudドライブとの同期ですが、ストレージの容量を考えると何でもかんでも同期するという訳には行きません。同期を外したからといってiCloudに保存できない訳ではないので使い分けるといいのではないかと思います。

  • iCloud Mac
このエントリーをはてなブックマークに追加