menu
menu

キーワード検索

 

前月(6月)の人気記事トップ10

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 5 ↑) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  3. ( 2 ↓) 【CSS】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  4. ( 8 ↑) 【CSS】レスポンシブデザインのブレークポイントは⁉
  5. ( 3 ↓) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  6. ( 6 - ) 【CSS】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  7. ( 7 - ) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  8. ( 9 ↑) 【CSS】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  9. ( - ↑) 【PHP】PHPでシンプルなメールフォーム
  10. (10 - ) 【HTML5】スマホサイトの作成・基本編
このエントリーをはてなブックマークに追加

【Mac】メモリを解放する方法

Mac

こんにちは(・∀・)

Macでメモリを解放する方法についてご紹介します。

メモリ

Macで画像修正や動画編集など重い作業を続けている時やその後などでMacの動作感が重い時ってありませんか。

そんな時はメモリを解放しましょう。

ターミナルを使ってメモリを解放

メモリを解放するにはターミナルを使用します。

Launchpad → ターミナルでターミナルを起動します。

ターミナルが起動したらsudo purgeと入力してreturnキーを押してください。

メモリ解放

パスワードを聞いてきますのでMacのログインで使用するパスワードを入力してreturnキーを押してください。

メモリ解放

以上でMacで使用中のメモリを解放することができました。

いかがでしたでしょうか、特別なアプリなどをインストールすることもなく、ターミナルを使用すればメモリを簡単に解放することができます。

ターミナルをDockに登録しておいて、動作が重く感じてきたらターミナルを起動して都度sudo purgeを打ち込んでメモリ解放すればストレスレスなMacライフが送れるかもしれません。

ちなみにコマンドのsudo purgeを簡単に覚える方法として、英語のpureにgをeの前に足すと覚えておくと覚えやすくて忘れづらいかもです。

  • Mac
このエントリーをはてなブックマークに追加