menu
menu

キーワード検索

 

最近の投稿

【Mac Tips】MacにDropboxをインストール

  • Mac

Dropbox

こんにちは(・∀・)

今回はMacにDropboxのアプリをインストールする方法についてご紹介します。

クラウド系ストレージ

クラウド系のストレージ、iCloud、Dropbox、Google Drive、OneDriveなどなど、これらのクラウドストレージは無料で利用できるということもあり、また、PCなどで使用する場合も特にアプリをインストールすることもなく、ブラウザ上で使用することも可能なのでお手軽に使うことができるのでご利用になっている方も多いのではないかと思います。

そんなブラウザ上で使用することも可能なクラウドストレージのDropboxやGoogle Drive、OneDriveですが、アプリをインストールするとiCloudのように(MacではiCloudはすでにFinder上で使用することができますが、Windowsの場合はiCloudのアプリをインストールする必要があります)Finder上で管理することができるようになるので、ローカルで作業しているようにクラウド上にデータのバックアップを取れるようになるので少し便利になります。

ということで3回にわたって、DropboxとGoogle Drive、OneDriveのアプリのインストール方法をご紹介していきたいと思います。今回はDropboxのアプリをインストールしていきます。

Dropboxのアカウントを持っていない場合はDropboxでアカウントを作成しておいてください。

Dropboxのダウンロード

Dropboxのアプリはこちらのページからダウンロードできます。

Dropboxをダウンロードのボタンをクリックするとダウンロードフォルダに自動でダウンロードされます。

Dropboxダウンロード

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリック。

Dropboxダウンロード

Dropboxをインストールしよう!

インストーラーをダブルクリックするとウィンドウが開きますのでその中のDropboxのアイコンをダブルクリックしてインストールを開始します。

Dropboxインストール

開くをクリック。

Dropboxインストール

Dropbox本体がダウンロードされます。

Dropboxインストール

自動的にインストールが開始されます。

Dropboxインストール

Dropboxフォルダを開くをクリックして次へ進みます。

Dropboxインストール

他にボタンがないのでスタートガイドをクリック。

Dropboxインストール

次へをクリック。

Dropboxインストール

次へをクリック。

Dropboxインストール

次へをクリック。

Dropboxインストール

完了をクリック。

Dropboxインストール

ここは後で変更することができます。ここでは後にするをクリック。

Dropboxインストール

ちなみにDropboxにアクセスを許可をクリックするとこの画面になります。アクセスを許可する場合は鍵を外してDropbox.appにチェックを入れます。

Dropboxインストール

ここも後で変更できます。ここでは保存しないをクリック。

Dropboxインストール

するとDropboxのフォルダがFinderで開きます。

Dropboxインストール

メニューバーにDropboxアイコンができます。通知の表示やこちらからアクセスすることもできます。

Dropboxインストール

こんな感じでメニューバーのDropboxアイコンクリックすると通知が表示されたりアカウントやストレージにアクセスできるようになります。

Dropboxインストール


いかがでしたでしょうか、以上でDropboxのインストールは終了です。特に難しいこともなく簡単にインストールすることができたと思います。

今までブラウザ上で行なっていたファイルのバックアップなどをFinder上でできるようになりました。

  • カテゴリー:Mac