menu
menu

キーワード検索

 

前月(7月)の人気記事トップ10

  1. ( 1-) CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2-) CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  3. ( 3-) スマホサイトの作成・基本編
  4. ( 4-) CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  5. ( 7↑) jQueryで日時を表示【実践でjQuery入門】
  6. ( 5↓) 表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  7. ( 9↑) スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  8. ( 8-) HTML5・ページ作成の基本
  9. ( -↑) Windows 10にMySQLをインストール
  10. ( -↑) 変数を宣言する【jQuery入門】

【Mac Tips】iPhoneやiPadをサブディスプレイ化できるアプリiDisplayのインストール方法

  • Mac

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

こんにちは(・∀・)

先日当サイトのブログでiPhoneやiPadをサブディスプレイ化できるアプリiDisplayが無料でダウンロードできるという内容の、【ブログ】iDisplayが無料でダウンロードできるようですという記事を速報的な感じで投稿をしましたがご覧いただけましたでしょうか。

今日はそのiDisplayをインストールする方法をご紹介していきたいと思います。

iDisplay

iPhoneやiPadをサブディスプレイとして使用することができるアプリiDisplayのインストール方法です。

サブディスプレイとするiPhoneかiPadにiDisplayのアプリをインストールして、メインとなるPCまたはMacにもiDisplayのアプリをインストールします。

ここではiDisplayをiPadとMacにインストールしていきます。

iPadにiDisplayをインストール

初めにサブディスプレイ側のiPadにiDisplayをインストールします。

App StoreでiDisplayを検索してiPadにインストールしてください。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

iTunes

MacにiDisplayをインストール

サブディスプレイ側のiPadへのインストールが済んだら次は本体Mac側にもiDisplayをインストールします。

Mac側のアプリのダウンロードはこちらのサイトから行えます。
SHAPE GmbH Web サイト

Download for MacOSのボタンをクリックしてダウンロード。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

ダウンロードフォルダーに保存されたiDisplayMac.dmgをダブルクリック。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

ダブルクリックで展開されたiDisplay.pkgをダブルクリック。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

するとインストーラーが起動します、続けるをクリック。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

インストールをクリック。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

インストールを続けるをクリック。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

パスワードを入力してソフトウェアをインストールをクリック。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

インストールが開始されます。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

再起動をクリックしてインストールを完了させます。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

インストーラーはもう必要ないのでゴミ箱に入れるをクリック。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

以上でiDisplayのインストールは終了です。

iDisplayの起動方法

iPad側のiDisplayをタップして起動します。

LaunchpadまたはアプリケーションフォルダーにあるiDisplayまたはiDisplay.appをダブルクリックしてiDisplayを起動します。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

メニューバーにiDisplayが表示されます。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

次にiPad側のiDisplayをタップして起動します。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

するとMac側に「不明な端末がこのコンピューターのiDisplayに接続しようとしています」と聞いてきます。

繋いで良ければAllowをクリックして許可、嫌だったらDenyをクリックして拒否。

ここではiDisplayでMacとiPadを繋ぐためにアプリをインストールしているので許可をクリック。

毎回聞かれるのが面倒という場合はAllow Alwaysをクリックして常に許可。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

正しく繋がるとメニューバーのiDisplayのアイコンに色が付きます。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

これでMacとiPadをiDisplay接続することができました。特に難しいことはないので使い方もすぐにわかってくると思います。

メニューバーにあるiDisplayのアイコンを展開するとこんな感じです。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

Quit iDisplayをクリックするとiDisplayを終了することができます。が、iPadの方のiDisplayのアプリを終了させれば自動的に終了するのでここをクリックしてアプリを終了させることはないと思います。iDisplayを完全に終了したい場合に使用します。

次はMac側のiDisplayは終了させず、iPadとの接続だけを切りたい場合はここをクリック。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

iPadと接続を切ってiPhoneと繋げる時などに使用するのかなと思います。

 

次にiPad側のiDisplayの設定です。

Mac側のiDisplayを終了させないと次の画面は表示されませんのでMac側のiDisplayは終了させてください。

【Mac Tips】iDisplayをインストールする

1番の歯車のようなボタンをタップすると設定画面になります。

2番のスライドボタンをタップするとiPadの画面の解像度が変わります。解像度モードは低にしました。高で見えるならばその分作業スペースは大きくなります。

USBで接続する場合は3番をタップ。Wi-Fi接続の場合は4番をタップします。

軽い処理ならWi-Fi接続でもいいのですが、重い処理を続けてしていくと遅延を感じます。USB接続だとそれ程でもないので重い作業をするときはUSB接続の方がいいかもしれません。


いかがでしたでしょうか、外部モニターを使用しなくとも手持ちのiPhoneやiPadでサブディスプレイ化ができるアプリをご紹介しました。

いつまで無料でアプリを開放しているのかわかりませんが、この機会にiPadでのサブディスプレイ化、お試しになってみてはいかがでしょうか。

  • カテゴリー:Mac