menu
menu

キーワード検索

 

10月更新・前月(9月)の人気記事トップ10 - 10/01/2019

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. ( 4 ↑) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  4. (圏外↑) 【制作Tips】iPhone画面解像度まとめ
  5. ( 6 ↑) 【Mac】Finderにフォルダのフルパスを表示させる方法
  6. ( 5 ↓) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  7. ( 8 ↑) 【Mac】Safariでソースコードを見る方法
  8. ( 9 ↑) 【制作Tips】画面解像度一覧表
  9. ( 7 ↓) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  10. ( 10 - ) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
このエントリーをはてなブックマークに追加

【PHP】PHPで簡易CMSのテンプレート

【PHP】PHPで簡易CMSのテンプレート

こんにちは(・∀・)

PHPで簡易CMSのテンプレートを作りましたのでご紹介します。

その前に、そもそもCMSって何⁉️

コンテンツ管理システム(英: content management system, CMS)は、ウェブコンテンツを構成するテキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称。2005年頃より一般的に普及したといわれる。コンテンツマネージメントシステムとも呼ばれる。
引用:Wikipedia

CMSといえばWordPressやMovable typeが有名どころです。

大きな会社ではオリジナルな高性能CMSを使用しているところも多いと思います。

管理を考えると大規模なWebシステムを組む場合はCMSの導入は不可欠です。

PHPで簡易CMS

このテンプレートはそれら高機能なCMSとは違い、ヘッダーファイルとフッターファイル等をインクルードで読み込んでいるだけという、超低機能CMSです。

そんなシステムでCMSと呼ばせていただくのは大変おこがましいところですが、他の呼び名が思いつきませんでした。

個人でホームページを運用なさってる方などにご利用いただけたらと思います。

sample

それではサンプルをご覧ください。

demo

ちなみに、レスポンシブデザインでモバイル対応です。

ファイル構成はこんな感じ。

・header.php
・index.php
・footer.php
と、
・style.cssの
4ファイルで構成されています。

メインのコンテンツはindex.phpの部分となります。

ディレクトリ直下にトップページ用のindex.phpとcommonディレクトリ。

【PHP】PHPで簡易CMSのテンプレート

commonディレクトリ中にcssディレクトリ、incディレクトリがあります。

URLにファイル名が出ても良いのであれば同じ階層にindex2.php、index3.phpという感じでファイルを増やしていく。URLをディレクトリ名で終わらせたい場合は階層を増やして、その中にindex.phpファイルを作る。

【PHP】PHPで簡易CMSのテンプレート

次のheader.php、index.php、footer.phpとstyle.cssをテキストファイルにコピペしてご利用ください。

header.php
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<link rel="canonical" href="https://www.example.com/">
<!--Require Mobile-->
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0, minimum-scale=1.0, maximum-scale=10.0, user-scalable=yes">
<!--Require Stylesheet-->
<link rel="stylesheet" href="/common/css/style.css">
index.php
<?php
include("common/inc/header.php");/*includeするファイルは相対パスにする必要があります*/
?>
<title>Page1</title>
<meta name="description" content="">
</head>
<body>
<div id="wrapper">
<header>
<section>
<h1><a href="/">sample</a></h1>
</section>
</header>
<!--==================================-->
<div class="container">
<h2>Page1</h2>
<div class="inner">
<main>
  <h3>main</h3>
</main>
<aside>
 <h3>aside</h3>
<br><br>
  <div class="nl">page1</div>
  <div><a href="/2/">page2</a></div>
  <div><a href="/3/">page3</a></div>
  <div>&nbsp;&nbsp;&nbsp;L <a href="/3/4/">page4</a></div>
</aside>
</div>
</div>
<!--==================================-->
<?php
include("common/inc/footer.php");/*includeするファイルは相対パスにする必要があります*/
?>
footer.php
<footer>
<section>
<div id="copyright">&copy; example<!--copyright--></div>
</section>
</footer>
<!--wrapper--></div>
</body>
</html>
style.css
/* reset.css */
@charset "utf-8";
html,body,address,h1,h2,h3,h4,h5,h6,dl,dt,dd,ol,ul,li,div,p,pre,blockquote,hr,bdo,span,a,small,b,i,em,strong,br,del,ins,abbr,dfn,sub,sup,q,cite,code,var,kbd,samp,map,area,iframe,img,table,tr,th,td,caption,thead,tfoot,tbody,colgroup,col,form,label,fieldset,legend,input,textarea,select,option,optgroup,button,command,details,menu,summary,article,aside,header,footer,nav,section,figcaption,figure,main,mark,rp,rt,ruby,time,wbr,audio,canvas,embed,object,param,source,video,datalist,keygen,meter,output,progress { margin: 0; padding: 0; border: 0; outline: 0; font-size: 100%; font-weight: normal; vertical-align: baseline; background: transparent; box-sizing: border-box; }
html { overflow-y: scroll;/*Firefox用縦スクロールバー*/ }
html,body { height: 100%; }
body { line-height: 1.6; font-family: Verdana,"游ゴシック Medium","Yu Gothic Medium","游ゴシック体",YuGothic,sans-serif; -ms-text-size-adjust: 100%; -webkit-text-size-adjust: 100%; }
ul,ol,dl { list-style: none; }
table { border-collapse: collapse; border-spacing: 0; }
a,a:link,a:visited { color: #333; text-decoration: none; }
a:hover,a:active { color: #777; }
a:focus { outline: none; }
article,aside,canvas,details,figcaption,figure,footer,header,main,menu,nav,section,summary { display: block; }
/* reset.css */
/* 0 to 414px */
html,
#wrapper {
  overflow-x: hidden;
}
header {
  border-bottom: 1px solid #ccc;
  text-align: center;
  padding: 10px;
}
header h1 img {
  width: 200px;
}
.container {
  overflow: hidden;
  text-align: center;
  background: #eee;
}
.container h2:after {
  background: #b8ceea;
  content: "0〜414px";
  padding: 3px;
}
.container main h3 ~ i:after {
  content: "width 100vw";
}
.container aside h3 ~ i:after {
  content: "width 100vw";
}
.container .inner {
  text-align: left;
}
.container .inner main {
  background: #ccc;
  width: 100vw;
  min-height: 300px;
  margin: 0;
  padding: 10px;
}
.container .inner aside {
  background: #ddd;
  width: 100vw;
  min-height: 300px;
  margin: 0;
  padding: 10px;
}
footer {
  border-top: 1px solid #ccc;
  text-align: center;
  padding: 10px;
}
/* 0 to 414px */
/*------------------------------------------------------------------*/
@media (min-width: 415px) {
.container h2:after {
  background: #e5c5da;
  content: "415px〜959px";
}
.container main h3 ~ i:after {
  content: "width 90vw";
}
.container aside h3 ~ i:after {
  content: "width 90vw";
}
.container .inner main {
  width: 90vw;
  margin: 0 auto;
}
.container .inner aside {
  width: 90vw;
  margin: 0 auto;
}
/*415px〜959px*/}
@media (min-width: 960px) {
.container h2:after {
  background: #b3d3c4;
  content: "960px〜1199px";
}
.container main h3 ~ i:after {
  content: "max-width 804 min-width 544px";
}
.container aside h3 ~ i:after {
  content: "width 356px";
}
.container .inner {
  display: flex;
  justify-content: center;
}
.container .inner main {
  /*width: 604px;*/
  width: 804px;
  min-width: 544px;
  order: 1;
  margin: 0;
}
.container .inner aside {
  width: 356px;
  min-width: 356px;
  /*flex: 0 0 356px;*/
  order: 2;
  margin: 0;
}
/*960px〜1199px*/}

設置の際はパスの設定にご注意ください。


簡易版とは言え、読み込むファイルを細分化してカスタマイズすれば、より管理のしやすいサイトの構築ができると思います。よろしければぜひお試しください。

関連リンク

【2019年度決定版】レスポンシブデザインのブレークポイントはこれで決まり❗️

  • CMS CSS3 HTML5 テンプレート レイアウト レスポンシブデザイン
このエントリーをはてなブックマークに追加