menu
menu

キーワード検索

 

前月(11月)の人気記事トップ10

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. ( 3 - ) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  4. ( 4 - ) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  5. ( 6 ↑) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  6. ( 5 ↓) 【iPhone・iPad】投稿の準備中にエラーが起きました。後でやり直してください。
  7. ( 9 ↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
  8. ( 8 - ) 【CSS】レスポンシブデザインのブレークポイントは⁉
  9. (10 ↑) 【Mac】iMovieの保存場所を変更する
  10. ( - ↑) 【PHP】PHPでシンプルなメールフォーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

【Perl】Windows 8.1にActivePerlをインストールしよう❗️

【Perl】Windows 8.1にActivePerlをインストールしよう!

*このコンテンツより新しい2013-02-18に投稿されたコンテンツがございます。
【Perl】Windows 10にActivePerlをインストール

ActivePerlをダウンロードしよう!

Perlダウンロードの前に...

Webサーバのインストールはお済みですか?!

Perlを使用するにはWebサーバが必要になります。Webサーバ(Apache)の設定はこちらのページをご覧ください。
【Apache】Windows 8.1にApache2.2 32bit VC9をインストールしよう!

ダウンロードは公式サイト http://www.activestate.com/activeperl/downloads から行なえます。

今回ダウンロードするファイルはActivePerl 5.16.3の32bit版です。

Download ActivePerl 5.16.3 for Windows (x86)をクリックしてダウンロードしてください。

【Perl】Windows 8.1にActivePerlをインストールしよう!

ActivePerlをインストールしよう!

ダウンロードして保存したファイルを開きます。

【Perl】Windows 8.1にActivePerlをインストールしよう!

インストーラーが起動したらNextをクリックして次へ進みます。

【Perl】Windows 8.1にActivePerlをインストールしよう!

ライセンス同意画面が表示されます。内容に同意されたら、I accept the terms in the License Agreement(ライセンス利用規約に同意します)を選びNextをクリックして次へ進みます。

【Perl】Windows 8.1にActivePerlをインストールしよう!

インストール内容です。そのままNextをクリックして次へ進みます。

【Perl】Windows 8.1にActivePerlをインストールしよう!

そのままNextをクリックして次へ進みます。

【Perl】Windows 8.1にActivePerlをインストールしよう!

Installをクリックしてインストールを開始します。

【Perl】Windows 8.1にActivePerlをインストールしよう!

時間がかかりますので、しばらく待ちます...

【Perl】Windows 8.1にActivePerlをインストールしよう!

この画面が表示されたらインストールは終了です。Finishをクリックしてインストールを終了させてください。

【Perl】Windows 8.1にActivePerlをインストールしよう!

以上でインストールは終了です。コンピューターを再起動してください。

ActivePerlを使うためのApacheの設定変更

httpd.confファイルを編集します。

C:\Apache2\confにあるhttpd.confをテキストエディタで開き編集します。

C: → Apache2 → confフォルダの中にあるhttpd.confファイルを開いてください。

CGIファイルを実行できるように設定します。

218行目あたりにある次の1行を変更してください。

Apacheのインストール時にすでに変更してある場合は必要ありません。


Options Indexes FollowSymLinks
       ↓
Options Indexes FollowSymLinks ExecCGI

240行目あたりにあるDirectoryIndexにindex.cgi、index.plを追加します。

Apacheのインストール時にすでに追加してある場合は必要ありません。


<IfModule dir_module>
DirectoryIndex index.html index.htm index.shtml index.shtm index.php index.cgi index.pl
</IfModule>

383行目あたりに次の2行を追加します。

Apacheのインストール時にすでに追加してある場合は必要ありません。


AddType application/x-httpd-cgi .cgi
AddType application/x-httpd-cgi .pl

392行目あたりにある次の1行を変更してください。

Apacheのインストール時にすでに変更してある場合は必要ありません。


#AddHandler cgi-script .cgi
       ↓
AddHandler cgi-script .cgi .pl

以上でhttpd.confファイルの編集は終了です。

Apacheを再起動してください。

再起動はローカルディスク(C:) → Apache2 → bin → ApacheMonitor.exeをダブルクリックで起動してRestartボタンをクリックで再起動できます。または、タスクトレイにあるApacheアイコンを右クリック、OpenApacheMonitorをクリックで起動してRestartボタンをクリックでもOKです。

動作確認します。

以下の3行をコピーしてテキストに貼り付け、ファイル名hello.cgiで保存してください。


#!C:/Perl/bin/perl
print "Content-type: text/html\n\n";
print "Hello World";

保存場所はどこでもいいのですが(どこでもCGIを実行できるように設定してあるので)、デフォルトでCGIを実行させる場所に保存します。

ここでははC:\Apache2\cgi-binに保存してください。

1行目の#!C:/Perl/bin/perlはローカル環境でのパスです。サーバーにアップする際は本サーバー環境にあわせたパスに変更することを忘れずに。

ブラウザでhttp://localhost/cgi-bin/hello.cgiにアクセスしてください。次のような画面が表示されたら成功です。

【Perl】Windows 8.1にActivePerlをインストールしよう!

ActivePerlは正常にインストールされました。

以上でActivePerlのインストールは終了です。

  • Apache perl Windows 8.1
このエントリーをはてなブックマークに追加