menu
menu

キーワード検索

 

前月(10月)の人気記事トップ10

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  3. ( 3 - ) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  4. ( 4 - ) 【CSS】スマホ対応CSSだけでドロップダウンメニュー
  5. ( 8 ↑) 【iPhone・iPad】投稿の準備中にエラーが起きました。後でやり直してください。
  6. (10 ↑) 【iPhone・iPad】iPhoneのメモリを簡単に解放する方法
  7. ( 5 ↓) 【PHP】PHPでシンプルなメールフォーム
  8. ( 6 ↓) 【CSS】レスポンシブデザインのブレークポイントは⁉
  9. ( - ↑) 【jQuery】入門2. jQueryをHTMLに組み込む
  10. ( - ↑) 【Mac】iMovieの保存場所を変更する
このエントリーをはてなブックマークに追加

【制作Tips】PHP5でinclude

PHP5

こんにちは(¬v¬)

今回は共通部分をPHP5でインクルードする場合、絶対パスが使えないのでその対処方法についてです。PHP5では絶対パス(/パス)が通らないので、ファイルをインクルードする前にプログラムでパスを設定します。

サーバのパス /home/xxxx/www/xxxx/ を基準とする場合
方法①

set_include_path(get_include_path().PATH_SEPARATOR.'/home/xxxx/www/xxxx';

これで解決。

ただし上記のままだとローカルでテストするときにいちいちパスを書き直さないといけないのでif文で振り分ける。

方法②

if ($_SERVER['SERVER_NAME']=='localhost') {//ローカルパス
$path = 'C:/Users/xxxx/Documents/xxxx';
} else {//サーバパス
$path = '/home/xxxx/www/xxxx';
}
set_include_path(get_include_path().PATH_SEPARATOR.$path);

以上です。ローカルパスを残したくない場合は方法①で。方法②の場合でローカルパスを残したくない場合はローカルでテストした後に一括でパスを書き換えればOK。です^^

  • PHP5
このエントリーをはてなブックマークに追加