menu
menu

キーワード検索

 

前月(7月)の人気記事トップ10

  1. ( 1 - ) 【CSS】CSSだけでドロップダウンメニュー
  2. ( 2 - ) 【jQuery】jQueryでドロップダウンメニュー
  3. ( 3 - ) 【CSS】CSSだけでサイズ可変・スマホ対応のアコーディオン
  4. ( 4 - ) 【CSS】レスポンシブデザインのブレークポイントは⁉
  5. ( 5 - ) 【Mac】Macのユーザー名とアカウント名を変更する
  6. ( 6 - ) 【CSS】スマホサイト向け横にスクロールするナビゲーション
  7. ( 7 - ) 【jQuery】表示しているブラウザの高さを取得してCSSのheightに指定
  8. ( 9 ↑) 【PHP】PHPでシンプルなメールフォーム
  9. ( 8 ↓) 【CSS】CSSだけでブロック要素の表示非表示(トグルボタン)
  10. ( - ↑) 【Mac】MacにGoogle Driveをインストール
このエントリーをはてなブックマークに追加

要素の分類【HTML5リファレンス】

HTML

要素の分類についての解説ページです。

カテゴリー

HTML5以前では「ブロック要素」「インライン要素」「その他の要素」のように分類されていましたが、HTML5では7種類のカテゴリーに分類されました。

  • フロー・コンテンツ
  • メタデータ・コンテンツ
  • セクショニング・コンテンツ
  • ヘッディング・コンテンツ
  • フレージング・コンテンツ
  • エンベッディッド・コンテンツ
  • インタラクティブ・コンテンツ

要素のカテゴリー

HTML5の各要素は必ずどこかのカテゴリーに属するということはなく、複数のカテゴリーに属する場合もあれば、どのカテゴリーにも属さない要素もあります。HTML5では各要素の配置についてはこのカテゴリーに沿って行われます。

  • HTML5
このエントリーをはてなブックマークに追加